関西例会開催のご案内
2019年12月17日 PMAJ事務局
第151回関西例会
 
お申し込みはこちらから ※ PMAJ個人情報保護方針に御同意の上、申し込みをお願いいたします。
個人情報保護方針に同意の上申し込み 1/23現在、11名様お申し込みです。
ITC資格者・CMAJ会員・学生の皆さんの申し込み方法
申し込み画面の最下位「ご要望等」の欄に
「ITC近畿会・ITC兵庫会・ITC京都又はITC資格者」、
「CMAJ会員」又は「学生」とご記入の上お申し込み下さい。
日  時 2020年2月14日(金) 19:00~20:30
テーマ 「超大規模レガシーモダナイゼーションの実践手法」
 ~デジタル変革を実現する共創型ハイブリッド・アジャイルモデル~
スピーカー  松村 俊哉/富士通株式会社 第一流通システム事業本部 シニアマネージャー
会  場 大阪市立 総合生涯学習センター 第3研修室
住  所 〒530-0001 大阪市北区梅田 1-2-2-500 大阪駅前第2ビル 5階
プログラム
・ 18:30 ~ 19:00 受付
・ 19:03 ~ 20:30 ご講演・質疑応答
ポイント
・ CPUポイント 3ポイント(1時間2ポイントになります)
・ ITC実践力ポイント 0.375ポイント
・ PDUポイント 1.5ポイント( Technical )相当
受講証明書に講座の内容、時間、カテゴリ等を記載しておりますので、その内容を、PMI®のPDU申請画面の Course or Training に必要事項を入力してください。
講演概要:
DXの推進が注目され、新しいデジタル技術の活用により新たな付加価値を創出し、競争上の優位性を確立するために俊敏な対応が求められている。一方、「2025年の崖」と言われるように、従来の企業経営基盤であったレガシーシステムが足かせとなり、デジタル変革ができない危機が目前に迫る。
本講演では、総工数1万人月超、総資産600万ステップの超大規模基幹業務システムのレガシーモダナイに取り組み、一足早く2025年の崖を克服したプロジェクトの成功事例を紹介する。ウォーターフォール型開発に独自の改良を加え続け、反復型・漸進型のハイブリッド・アジャイル開発手法を確立し、デジタル企業へと変革を遂げた共創型のアプローチを説明する。
講師略歴: 2001年富士通株式会社入社。流通業(小売・不動産・情報サービス・他)のお客さま向けのシステム開発およびプロジェクトマネジメントに従事。大規模基幹システムの再構築プロジェクトや、B2B、B2C向けの大規模ECサイトの構築プロジェクトを担当。
PM学会。PMI® PMP®。情報処理 : プロジェクトマネージャー、システム監査技術者、他。
参 加 費
PMAJ個人正会員 : 1,100円
PMAJ法人正会員の社員または職員/ITC資格者/CMAJ会員 : 1,600円
PMAJ非会員 : 2,100円
学生(学生を本分とする) : 600円
支払い方法 当日受付にて申し受けます。
※ つり銭の無きよう宜しくお願い致します。
申込み方法
  1. 会員番号(AJで始まる英数字8桁のみ)
  2. 氏名(漢字)
  3. 氏名(ふりがな)
定員 36名 (申し込み順)
注意事項 受付時の混雑を緩和するなどの事務手続き上、次のようにさせていただきます。

★事前登録がない方は、セミナー資料が無い場合があります。
参加希望の方は必ず事前登録して頂きますようお願いします。
★会員、非会員で参加費に差があります。未だPMAJに入会されていない方をお誘いの
場合はご注意下さい。
★申し込まれた方が参加できなくなり、代理の方が参加する場合は、
代理者が該当する会員資格で区分し、資格が異なれば差額を請求致します。
★事務局への電子メールによる例会申し込み受付は致しません。
悪しからずご容赦下さい。
会場地図 大阪駅前第2ビル地図

問合せ先 日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)
TEL : 03-6234-0551(代表) FAX : 03-6234-0553  お問い合わせはこちら
ページトップに戻る