特定非営利活動法人
日本プロジェクトマネジメント協会

 概要
 協会挨拶
    ・会長挨拶
    ・理事長挨拶
 ミッション
 協会の沿革
 定款
 倫理要綱
 組織・役員
 事業報告・事業計画
    ・事業報告
    ・議案書
 委員会・部会
 入会特典
 入会案内・会費・変更手続き
 法人会員一覧
 セキュリティポリシー
    ・個人情報保護方針
    ・特定個人情報保護方針
    ・サイトポリシー
 リンク
 サイトマップ
 お問い合わせ
 更新履歴
 PMAJ所在地と地図


理事長挨拶

理事長 光藤昭男  リーマンショックから8年目です。その後、世界の機関車として経済を牽引し、世界経済の救世主と言われた中国も、高度成長期から中低位の成長期に移行しつつあります。世界のリーダーとして期待された米国も、最近ではその役割を果たしていないと言われます。欧州は、経済が停滞する中、中東の戦火を逃れようとする難民が押し寄せ、更に相次ぐテロの影響もあり、政治・社会の混乱が長期化する兆しです。真に平和で安心して暮らせるグローバル社会が切に望まれます。

 国内では、3.11 以来の電力不安は一時的に回避されていますが、先行きは判りません。2016年の年明けからの世界同時株安により、人々は将来に不安を感じ財布の紐を固く締め、消費は停滞すると思われ、いずれ企業業績に影響を与えかねません。また、相次いで公表される大企業の不祥事にはガバナンスの強化が望まれます。このような問題・課題が指摘されていますが、多くは相互に複雑に絡み合った複合テーマです。これを解決するには他者だのみでなく、各自の場において問題・課題の一つひとつを主体的にかつ確実に解決してゆく必要があります。P2Mはそれらを推進する良き方法論の一つと信じます。多くの人に是非活用して頂きたいと思います。

 PMAJの使命は「PMAJの中期ビジョン」を着実に実行することです。時代の変化に合致した活動内容を適切に評価してPDCAをまわし、成果の見える活動を推進する事がそのコンセプトです。優先度の高い5項を記載します。

会員の満足度を上げる適切な会員サービスの向上
改訂3版P2M標準ガイドブックの普及
入門者に相応しいわかり易い教材の出版と普及
「産・官・学」連携をベースとした他団体・組織との協業関係の構築
グローバル化推進部による海外諸協会との連携、情報の交換、日本企業の海外活動の人材教育面での支援、海外でのP2Mの理解推進

 実践されるP2M、活用されるPMAJとなるよう誠心誠意努力を重ねて行きたいと思います。 引き続きご支援・ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

以 上

注 : P2M プログラム & プロジェクトマネジメント
  PM プロジェクトマネジメント

ページトップに戻る