関西PMセミナー2022『新たなコトづくりへのデザイン』~伝統と破壊~

関西PMセミナー2022テーマ 『 新たなコトづくりへのデザイン 』~伝統と破壊~

樋口 高弘

夢を実現するためのデザイン、そして実行、それが人の喜び、社会発展に貢献していく、その夢(Dream)の語源には「楽しみ」という意味がありました。新しい未来の姿を思い描きながら「ワクワクする楽しい」コトづくり、それには伝統的な既存の枠組みを超えた破壊や融合が必要であると言われています。
 これからの組織体やチームでの新たなコトづくり力、または皆様の新たな道(コト)を拓いていく力、このご時世、どのように培っていけばよいのでしょうか。今回のセミナーでは、その思考方法や多岐にわたる事例を通じて、皆様の組織やご自身のコトづくりに繋がる、たくさんの閃きを得ていただける「ワクワクする瞬間」をご提供します。

日本プロジェクトマネジメント協会 理事 関西代表  樋口 高弘 

 

個人情報保護方針に同意の上申し込み

日時

2022年6月10日(金)  9:40~16:50

会場

マイドームおおさか 第3会議室 〔会場参加〕〔オンライン参加〕の〔ハイブリッド開催〕
  (〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号)  〔会場参加〕は、申込先着順・椅子席のみ 30名様 迄となります。
申し込みページの〔参加方法〕欄で、「会場参加」または「オンライン参加」どちらかをお選びください
〔会場参加〕はコロナ感染症対策により、中止となることがあります。
その時には〔会場参加〕申込者は〔オンライン参加〕となりますので、ご了承ください。

Osaka Metro 堺筋線「堺筋本町」駅の12号出口から 徒歩6分
Osaka Metro 中央線「堺筋本町」駅の1号出口から 徒歩6分
Osaka Metro 谷町線「谷町四丁目」駅の4号出口から 徒歩7分
京阪電鉄「天満橋」駅の東改札口から 徒歩10分

プログラム

※ 講師および演題は、都合により変更することがあります。
PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)は、
T:Technical (1.5)、L:Leadership (0.0)、S:Strategic (4.0) です。

 

9:40~11:10 基調講演-1(90分)
「100年を超えてますます勢いづく宝塚歌劇ビジネス」  

 

森下信雄 森下 信雄  阪南大学 流通学部 流通学科 教授
 その原点には「虚構」=「未完成」のマネジメントという独自の手法が存在する。
 そもそも・・・「女が男を演じる」という唯一無二の「虚構」がタカラヅカの大前提であるゆえに、作品制作上いかなる脚色も矛盾も違和感はない。そして、ファンの側もあらぬ限りの「妄想」を巡らし、作品へ自由自在に介入できる・・・つまりタカラヅカは独特のコミュニティビジネスを展開しているのである。
 今回は『 新たなコトづくりへのデザイン』 ~伝統と破壊~ という大会テーマにあわせて、宝塚歌劇ビジネスの要諦について語ってみたい。
【講演者略歴】
阪南大学流通学部教授。1986年、香川大学経済学部卒業後、阪急電鉄株式会社に入社。98年、宝塚歌劇団に出向。制作課長、星組プロデューサー、宝塚総支配人などを歴任。2018年、阪南大学流通学部専任講師、19年から現職。著書に「元・宝塚総支配人が語る『タカラヅカ』の経営戦略」(2015年 KADOKAWA)、「宝塚歌劇団の経営学」(2021年 東洋経済新報社)他。

 

休 憩 (20分)

 

11:30~12:30 一般講演-1(60分)
「『使い続ける』という『保存』デザイン」~歴史的建物の保存・活用の事業的取組みについて~  

 

中嶋徹
中嶋 徹 株式会社竹中工務店 設計本部 アドバンストデザイン部門
伝統建築グループ/専門役
 世の中では文化財クラスの歴史的建物でさえ、所有者や地域が残したいと思いながらも、消失の選択を選ばざるを得ない事例が少なくはない。時代を生き抜いてきた歴史的施設は、地域の素材や産業等を象徴する文化的な意味合いも深い社会遺産と考えられる。“建築の目利き”という所属組織の個性を活かして、建物ごとの特性に応じた新たな在り方を見い出し、手厚く保護するという従前からの文化財的な対応とは一線を画し、安全性・遵法性・経済性を満たしつつ『使い続ける』という新しい『保存』のスタイルを新規事業として構築した取組みを紹介する。
【講演者略歴】
神奈川県小田原市生まれ。大学卒業後に竹中工務店へ入社。一般建物の新築・改修の施工管理(いわゆる現場監督)を約7年経験後、横浜赤レンガ倉庫、赤坂迎賓館など歴史的建物の保存・活用工事に携わる。2009年より現所属の設計本部にて歴史的建物の保存・活用に関わる提案や計画等のマネジメントを専業としている。

 

昼 休 み (60分)

 

13:30~15:00 基調講演-2(90分)
「腹落ちするDX」~デジタルがもたらす変化の本質とそのインパクト~  

 

中川郁夫 中川 郁夫  株式会社ソシオラボ 代表取締役/大阪大学 招へい准教授
 DX(Digital Transformation)が注目を集めている。
 だが、その理解はシーンによって大きく異る。言葉だけが先行している感も否めない。
 デジタル技術の発展と浸透が社会・市場・生活を大きく変えた。必然的に、企業が提供する「価値」も、その変化に適応していくことが求められる。では、提供する「価値の変革」とは何を意味するのか。
 デジタルがもたらす変化の本質はどこにあるのか。
 その変化がどのようなインパクトを与えるのか。
 企業が提供できる、新たな「価値」とは。
 具体的な事例を参照しつつ、「価値の変革」の視点から、ワクワクするDXを面白おかしく紹介する。
【講演者略歴】
大手IT企業でインターネットの研究開発に従事後、戦略研究子会社設立を機にビジネス・戦略面に活動を展開。事業企画・立上げ、事業会社設立等を経験。2021年より現職。
博士(情報理工学、東大)。大阪大学 招へい准教授。一般社団法人DeruQui 理事。株式会社ジンテック・杉並区・高岡市アドバイザー。議員勉強会事務局。

 

休 憩 (20分)

 

15:20~16:50 一般講演-2(90分)
「システム×デザイン思考」~個人の発想だけにたよらない体系的なビジネス・デザイン~  

 

大塚有希子
大塚 有希子  コンサルタント/法政大学大学院 IM研究科 准教授/
 慶應義塾大学大学院 MDC 講師
 「システムデザイン・マネジメント学」は、複雑な問題を解決するためのソリューションをシステマティックにデザインする考え方です。
 思い付きだけではなく、デザイン思考やシステム思考などの発想ツールを体系的に利用し、システム・エンジニアリングをベースに要求分析を行い、組織のビジョンと整合性のあるソリューションを創造します。
 本講演では、システム・デザインについてのツール例やツール体系、個人としてのスキル開発のみならず、システム・デザインできる組織としての環境制度設計の留意点などを事例とともにご紹介します。
【講演者略歴】
金融機関人事、戦略部門を経て、コンサルティング実務および教育を行う。
プロジェクト・マネジメントの研究にて博士(システムデザイン・マネジメント学)
PMP®、ITCインストラクタ、CBAP、1級FP
(専門分野)プロジェクト・マネジメント、ビジネス・アナリシス、システム×デザイン思考、経営戦略、情報化戦略

 

ページトップに戻る

オンラインPMセミナー視聴

PC等をインターネット接続して視聴します。Wi-Fi以外での接続は通信料金にご注意ください。
視聴にはZOOMアプリが必要です。申し込みの前に  こちら にて接続確認テストをしてください。
セミナー3日前に、ZOOMウェビナーへの『アクセスURL』と『講演資料のダウンロードURL』を申し込みいただきましたメールアドレスへお送りします。

参加費

(消費税込み)
PMAJ個人正会員 4,000円
PMAJ法人正会員の社員または職員 5,500円
PMC、PMS、PMR有資格者 6,000円
ENAA賛助会員の社員または職員/PMI®会員/ITC資格者 7,500円
一般 8,500円
学生 (学生を本分とする方。社会人学生は対象となりません。証明書等発行なし。) 無 料(要申込)
PMAJ法人正会員及びENAA賛助会員の社員または職員の方がお申し込みをされる場合には、必ず企業名を記載してください。企業名の記載がない場合には、一般の参加費となりますのでご注意下さい。
学生の方は、FAX(03-6234-0553)または、  こちら から学生証のコピーをお送り下さい。
学生の方は無料ですが、お申し込みページから申し込みをしてください。その際、必ず学校名を記載いただき、申し込みページの「お支払い方法」では、「銀行振込→否」を選んでいただき進んでください。

支払い方法

お申し込み受付後、電子メールにて参加費等を記載したお申し込み受付確認メールをお送りいたします。
6月6日(月)までに、下記の口座にお振込みください。また、お振込み時には、参加者名及び電子メール(受付確認メール)に記載されているお申し込み番号を必ずご記入ください。
なお、受付確認メールの送付には、2~3営業日かかる場合もございますので、ご了承ください。

企業名でお振込みの場合は、事前に電子メール(受付確認メール)の返信にて参加者名、お申し込み番号及び振込み予定日を事務局までお知らせください。
請求書払いをご希望の場合は、支払期日に余裕をもって申し込みをお願いいたします。
恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。
クレジットカード払いの場合、請求書の発行は致しませんのでご了承ください。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。
4月6日(水)までにお申し込みされ、クレジット払いをご希望された方につきましては、システム上お支払い期日が、お申し込み日から60日後がお支払い期日となりますこと、ご了承下さい。
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
領収書をご希望の場合、申し込み時に「要望」欄にご記入下さい。
キャンセルをご希望の場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
6月6日(月)までにご連絡を頂けた場合、ご入金いただいた参加費から振込み手数料を差引いた金額でご返金いたします。
6月7日(火)以降はキャンセル手続きはできませんのでご注意願います。
【 口 座 名 】  三菱UFJ銀行 本店 普通 0989960
【 名 義 人 】  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
 トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
【 振 込 人 】  参加者名及び電子メール(受付確認メール)に
 記載されているお申し込み番号をご記入ください

申し込み方法

冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 ボタンを押してください

各種資格の証明書

お申し込みの際に証明書をご希望された方には、関西PMセミナー終了後2週間以内に、当日ご参加いただいた方宛に、
メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
PMS資格者のCPUポイント : 11.0 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格者のPDUポイント : 5.5 PDU(証明書を発行します。)
( Technical 1.5、Leadership 0.0 、Strategic 4.0 )
ITCの実践力ポイント : 1.375 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格認定試験用受講証明書(証明書を発行します。)
 ※ “PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。

協賛・パートナー企業

ピープルサート・インターナショナル、ソフトロード、アジャイルウェア、サイフォーマ
オラクル、プラネット、TIS千代田システムズ、グローバルプロジェクトデザイン
パナソニック、日立ドキュメントソリューションズ、ヘキサゴンPPM、富士通
ユニシス、TIS、日揮グループ、JFEエンジニアリング
日立製作所、PMアラインメント、日鉄エンジニアリング、千代田化工建設
イノベーションマネジメント竹中工務店、横河電機、東洋エンジニアリング

問い合わせ先

日本プロジェクトマネジメント協会  お問い合わせは  こちら  TEL : 03-6234-0551

主催:  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)
        〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  ザイマックス東麻布ビル 7階
        TEL:03-6234-0551(代表)
後援:  経済産業省 近畿経済産業局(予定)
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 (ITCA)
協賛:  TIS株式会社
 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社

 

ページトップに戻る