九州PMセミナー2020 目指せ!九州発信のPMプロフェッショナル

九州PMセミナー2020テーマ 『 目指せ!九州発信のPMプロフェッショナル 』

 新型コロナウイルスによる大きな弊害に見舞われる中、一方でデジタル化を進める契機にもなりました。
 このことにより、九州という地域格差の壁が取り除かれ、PMプロフェッショナルにとって、ニューノーマル時代を迎え、プロフェッショナル能力を発揮する機会に数多く出会うことになります。
 本セミナーでは、九州を取り巻く30年後に向けた「九州地域発展戦略」から九州地域が目指す姿と実現に向けた発展戦略と戦略推進プロジェクトを幾つか紹介します。
 また、プロジェクトマネジメント専門家の皆さまにPMに求められるスキルや人材育成事例の紹介をして頂き、これからの時代を生き抜くための実践的アプローチを学びます。

九州PMセミナー実行委員長・PMAJ理事  前田 修 

 

個人情報保護方針に同意の上申し込み

日時

2020年12月4日(金)  10:00~17:20  ZOOMウェビナーを介してオンライン開催

会場

電気ビル共創館 3FカンファレンスB会議室 (無観客のライブ講演をオンライン配信)

プログラム

※ 講師および演題は、都合により変更することがあります。
PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)は、
L:Leadership (2.0)、S:Strategic (2.0)、T:Technical (2.0) です。

 

10:00~11:30 基調講演(90分)
「メンバーのモチベーションを引き出すためのリーダーシップ」  

 

松永正樹 松永 正樹  九州大学ビジネス・スクール 准教授
 プロジェクトにおいてチームメンバーのモチベーションを引き出し、彼女ら彼らが自律的かつ積極的に仕事に取り組める環境を創りだすためには、ヒトの心理とコミュニケーションに関する理解が欠かせません。本講演では、モチベーションの構造とリーダーシップに関する理論的考察にもとづき、参加者の皆さまがプロジェクトのリーダーとして活躍するために有用なポイントについてお話します。
【講演者略歴】
早稲田大学、立教大学にて助教を務めた後、コンサルタントを経て2019年より現職。TAKTOPIA Inc. アドバイザー。NEC、CCBJリーダーシップ研修講師。近年の公刊論文に「ノービス起業家と連続起業家のリーダーシップスタイル比較」(『一橋ビジネスレビュー 』2019年冬号)など。

 

昼 休 み (60分)

 

12:30~14:00 講演 1(90分)
「30年後に向けた九州地域発展戦略」  

 

片山礼二郎 片山 礼二郎  公益財団法人九州経済調査協会 調査研究部長
 九州地域が直面する人口減少やデータ主導型社会の到来等、メガトレンドの影響を加味した長期の経済成長率を予測、そして、九州地域が目指すべき姿と具体的数値目標(経済成長率)を示す。
地域戦略はこの目標を実現するのに必要な5つの戦略と35の戦略推進に向けた具体的プロジェクトからなるものを想定しており、生産性向上へのアプローチ、戦略基幹産業の創出、地方自治・地域経営のあり方、空港の一体的民営化などインフラの戦略的活用など、多岐に渡る分野・領域に関する戦略を説明する。
【講演者略歴】
1993年、九州経済調査協会入社。
「九州経済白書」の統括をしたのち、地方創生、農業(集落)、新産業、スタートアップ、エネルギーポテンシャル、文化産業・文化芸術振興、観光、行財政など幅広い分野の受託調査研究事業に従事。
2016年度より70周年事業として、「30年後に向けた九州地域の発展戦略」策定。

 

休 憩 (10分)

 

14:10~15:40 講演 2(90分)
「2020年代のプロジェクトマネジメントへの提言とヒント」~SE生活40年を振り返って~  

 

小野聡 小野 聡  株式会社富士通九州システムズ 品質保証本部長
 定年退職を目前にしてSE人生を振り返ると、ITベンダを取り巻く環境が大きく変化したと実感している。本講演では1980年代を起点として主な変化を取りまとめ、プロマネや品質管理手法の遍歴を振り返ったうえで2020年代のITベンダが抱える課題(コロナ禍・働き方改革・DX対応など)がこれまでの視点と全く特性が異なることは皆さんも知るとこです。
このような100年に一度の社会環境激変のなか、プロジェクト成功に向けて必要となるプロマネ・品質管理手法が重要と考えます。本講演では、これまでの経験を踏まえ2020年代を生き抜くためのプロマネへのヒントをお伝えします。
【講演者略歴】
富士通で流通業のお客様を担当、その後富士通九州システムズで流通業・製造業のお客様を担当。2015年から新設された品質保証本部の責任者としてQMS運営、プロジェクト監査、プロマネ・品質研究、社員・BP向け研修会などを通して、全社の品質向上に取り組んでいる。

 

休 憩 (10分)

 

15:50~17:20 講演 3(90分)
「プロジェクト成功にはお客様との一体感が不可欠」
    ~8年間の九州PM研究部会活動が辿り着いた結論~
 

 

前田修 前田 修  PMAJ理事・九州PM研究部会代表
 当研究部会では、数年前から「プロジェクト成功の道標」として、プロジェクト失敗の傾向を踏まえ、先ずは要件定義に視点を絞って活動を開始した。そこで、「IT化の原理原則17ヶ条」や「要件定義の勘所」を通じて、要件定義で必要なスキル・ノウハウにアプローチした。その後「PMのマインド育成」に取り組み、2019年度は、「顧客視点のプロマネ」を議論する中で「失敗の原因はユーザー企業の力量不足」という視点で本テーマを掘り下げることにした。ここで問われるのは、「顧客の当事者意識と責任感の向上」である。2020年度はこれらの奥底にある根本が何かを探究したいと考えている。
【講演者略歴】
1973年 富士通株式会社に入社。汎用コンピュータのCPU設計を担当。
1985年 システム部門に転属し、大・中規模のSIプロジェクトを複数経験。
1998年~PMO活動を全国展開。
2014年 富士通退職後、九州PM研究部会代表に就任。現在プロマネ研修の講師を実践中。
PMS/PMP®資格保有、PMAJ理事。

 

ページトップに戻る

オンラインPMセミナー視聴

PC等をインターネット接続して視聴します。Wi-Fi以外での接続は通信料金にご注意ください。
視聴にはZOOMアプリが必要です。申し込みの前に  こちら にて接続確認テストをしてください。
セミナー3日前に、ZOOMウェビナーへの『アクセスURL』と『講演資料のダウンロードURL』を申し込みいただきましたメールアドレスへお送りします。

参加費

(消費税込み)
PMAJ個人正会員 3,500円
PMAJ法人正会員の社員または職員 5,000円
PMC、PMS、PMR有資格者 5,500円
ENAA賛助会員の社員または職員/PMI®会員/ITC資格者 7,000円
一般 8,000円
学生 (学生を本分とする方。社会人学生は対象となりません。証明書等発行なし。) 無 料(要申込)
PMAJ法人正会員及びENAA賛助会員の社員または職員の方がお申し込みをされる場合には、必ず企業名を記載してください。企業名の記載がない場合には、一般の参加費となりますのでご注意下さい。
学生の方は、FAX(03-6234-0553)または、  こちら から学生証のコピーをお送り下さい。
学生の方は無料ですが、お申し込みページから申し込みをしてください。その際、必ず学校名を記載いただき、申し込みページの「お支払い方法」では、「銀行振込→否」を選んでいただき進んでください。

支払い方法

お申し込み受付後、電子メールにて参加費等を記載したお申し込み受付確認メールをお送りいたします。
11月25日(水)までに、下記の口座にお振込みください。また、お振込み時には、参加者名及び電子メール(受付確認メール)に記載されているお申し込み番号を必ずご記入ください。
なお、受付確認メールの送付には、2~3営業日かかる場合もございますので、ご了承ください。

企業名でお振込みの場合は、事前に電子メール(受付確認メール)の返信にて参加者名、お申し込み番号及び振込み予定日を事務局までお知らせください。
請求書払いをご希望の場合は、支払期日に余裕をもって申し込みをお願いいたします。
恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。
クレジットカード払いの場合、事務手数料として一律 250円かかります。参加費にプラスしてご請求させていただきます。請求書の発行は致しませんのでご了承ください。
また、クレジットカードのお取り扱いにつきましては、11月19日(木)までのご利用となりますのでご了承ください。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
領収書をご希望の場合、申し込み時に「備考」欄にご記入下さい。
キャンセルをご希望の場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
11月25日(水)までにご連絡を頂けた場合、ご入金いただいた参加費から振込み手数料を差引いた金額でご返金いたします。
11月26日(木)以降はキャンセル手続きはできませんのでご注意願います。
【 口 座 名 】  三菱UFJ銀行 本店 普通 0737079
【 名 義 人 】  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
 トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
【 振 込 人 】  参加者名及び電子メール(受付確認メール)に
 記載されているお申し込み番号をご記入ください

申し込み方法

冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 ボタンを押してください

各種資格の証明書

お申し込みの際に証明書をご希望された方には、九州PMセミナー終了後、当日ご参加いただいた方宛に、
メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
PMS資格者のCPUポイント : 12.0 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格者のPDUポイント : 6.0 PDU(証明書を発行します。)
( Leadership 2.0 、Strategic 2.0 、Technical 2.0 )
ITCの実践力ポイント : 1.5 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格認定試験用受講証明書(証明書を発行します。)
 ※ “PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。

協賛・パートナー企業

アジャイルウェア、サイフォーマ、ヘキサゴン・メトロジー、グローバルプロジェクトデザイン
パナソニック、プログラムマネジメント情報研究所、日立ドキュメントソリューションズ、イグジン
ITプレナーズ、PMアラインメント、TIS、富士通
ユニシス、千代田化工建設、日揮グループ、JFEエンジニアリング
日立製作所、イノベーションマネジメント、日鉄エンジニアリング、横河電機
東洋エンジニアリング、竹中工務店、TIS千代田システムズ、第一システムエンジニアリング

問い合わせ先

日本プロジェクトマネジメント協会  お問い合わせは  こちら  TEL : 03-6234-0551

主催:  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)
        〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  ザイマックス東麻布ビル 7階
        TEL:03-6234-0551(代表)  FAX:03-6234-0553
後援:  一般財団法人エンジニアリング協会 (ENAA)
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 (ITCA)
協賛:  公益財団法人九州経済調査協会
 株式会社富士通九州システムズ
 九電ビジネスソリューションズ株式会社

 

ページトップに戻る