沖縄PMセミナー2020

個人情報保護方針に同意の上申し込み

日時

2020年1月31日(金)  10:00~17:15(受付開始:9:30)

場所

沖縄産業支援センター(那覇市) (那覇市字小禄1831番地1)

アクセス 【バ ス】 久茂地のバスターミナル→国税庁舎前の『 旭 橋 』のバス停から89番糸満線、または56番浦添線に乗車→3つ目のバス停『 金 城(カナグスク)』にて下車。
※ バスターミナル内からご乗車されますと、大回りになります。
  【モノレール】 小禄駅にて下車 徒歩15分

プログラム

※ 講師および演題は、都合により変更することがあります。
PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)は、
L:Leadership (1.0)、S:Strategic (3.0)、T:Technical (1.5) です。

 

10:00~10:45 挨拶・講演(45分)
「IoTを使って海ブドウ養殖を活性化」 ~プロジェクトマネジメントを1次産業の課題可決へ応用~  

 

屋比久友秀 屋比久 友秀  株式会社OCC ITイノベーション推進室 取締役
 沖縄県の特産品である海ブドウ養殖の課題を産学官連携させて解決する取り組みについて紹介します。海ブドウ養殖の課題は、夏場・冬場の水温が極端に高い場合と低い場合に収穫量が減るという事です。この課題に対して、大学の知恵とIoT(Internet of Things)で課題解決に取り組むストーリーです。産学官連携し地域の課題にプロジェクトマネジメントの手法を適用した取り組みを紹介します。
【講演者略歴】
1998年(株)OCC入社。2015年に取締役就任現在に至る。沖縄県内でのユーザ会等の立ち上げに多数関わり、沖縄P2M研究会座長を2006年から務める。2017年から海ブドウPJに関わり、「”もの”づくりから”こと”づくりへ」というキーワードをもとに活動を展開中。

 

10:50~11:50 基調講演(60分)
「沖縄に5年住んでみて」 ~うちなーんちゅもあまり意識していない沖縄の良さ~  

 

木村升 木村 升  株式会社国際システム 代表取締役社長
 日本で一番海から遠い市である、生まれ故郷の長野県佐久市は、山に囲まれ寒暖の差が激しく、降水量は那覇市の半分以下という、沖縄とはまるで真逆の土地柄です。
 先ずは其処との比較から始め、5年間沖縄で暮らしてみて/働いてみて、体感した/実感したことから、沖縄の違い⇒沖縄の良さをお話しさせて頂き、皆さまが、より一層元気で明るくなることの一助となれば幸いです。
【講演者略歴】
昭和58年4月 日本ユニバック(株)(現、日本ユニシス(株))入社
平成15年4月 日本ユニシス(株)システムサービス本部金融第一システム統括部システム四部長
平成25年4月 USOL東京(株) 常勤執行役員
平成27年6月 (株)国際システム 代表取締役社長 (現在)

 

昼 休 み (80分)

 

13:10~14:40 招待講演(90分)
「「きぼう」から「はやぶさ2」まで宇宙開発のプロジェクトマネジメント」
    ~見えないリスクを根本的に洗い出すマネジメント~
 

 

長谷川義幸
長谷川 義幸 宇宙航空研究開発機構 チーフエンジニアリング室 客員
PMAJ・PMマイスター
 JAXAは、プロジェクトマネジメントとシステムズ・エンジニアリングの手法を使って失敗の根本的な原因を究明し、要求品質を確実に作りこむ開発プロセスを追求してきた。過去の失敗要因の半分以上は設計段階に入り込んでいるので、早期に試作をして技術成熟度を高め、プロジェクト開始時点ではミッションの達成を確実にするように工夫してきた。具体的な事例を交えて講演します。
【講演者略歴】
国際宇宙ステーションプロジェクトに1989年から25年間従事。「きぼう」日本実験棟の開発、打ち上げ、運用に関与した。プロジェクトマネジャー、プログラムマネジャー、理事を経験した。

 

休 憩 (10分)

 

14:50~15:50 講演 2(60分)
「沖縄におけるPM人材の育成について」 ~PM人材需要と育成のポイント~  

 

北嶋修
北嶋 修 一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)
戦略提言・連携推進セクション プロジェクトマネージャー
 受託開発業務が多くを占める沖縄のソフトウェア業界では、技術人材、マネジメント人材、ビジネス人材の順に人材需要があります。特にPMは中堅幹部に必須のスキルとして要求されます。本講演では沖縄における理想的なPM人材のあり方について考えます。
 また、沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)の取り組みと2月5~6日に行われるResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市についても紹介します。
【講演者略歴】
情報関連企業、市役所、大学、シンクタンク勤務を経て、2012年からフリーランス研究員、コーディネータ、翻訳者、講師。藍月顧問有限公司(台湾新北市)代表として台湾にも多くのネットワークを持つ。モットーは「産学官全ての勤務経験を持つ男」「北緯25度から35度で活動する男」2019年より現職を兼職。

 

休 憩 (10分)

 

16:00~17:15 主催者講演(75分)
「PMAJのプラットフォーム戦略」 ~プロジェクトマネジメントで日本を横通しする!~  

 

加藤亨 加藤 亨  日本プロジェクトマネジメント協会 理事長
 縦割り組織の壁を打ち破れない日本企業が、ICTで統合化を実現した海外企業とどう戦うのか、また、情報の流れがせき止められた日本企業が、どのように世界市場に対して説明責任を果たしていくのか、そして、それら課題に、PMAJはどのように貢献していこうとしているのか。
【講演者略歴】
1978年3月 慶応義塾大学工学部管理工学科修士課程修了。
1978年4月~1999年3月 千代田化工建設(株)勤務。
1999年4月~2019年3月 千代田化工建設グループの子会社にて、執行役員、取締役、社長、顧問を歴任。
2019年7月~ 日本プロジェクトマネジメント協会 理事長

 

ページトップに戻る

参加費

(消費税込み)
PMAJ個人正会員 3,000円
PMAJ法人正会員の社員または職員 3,500円
PMC、PMS、PMR有資格者 4,000円
ENAA賛助会員の社員または職員/PMI®会員/ITC資格者 4,500円
一般 5,000円
学生 (学生を本分とする方。社会人学生は対象となりません。証明書等発行なし。) 無 料(要申込)
PMAJ法人正会員及びENAA賛助会員の社員または職員の方がお申し込みをされる場合には、必ず企業名を記載してください。企業名の記載がない場合には、一般の参加費となりますのでご注意下さい。
学生の方は、FAX(03-6234-0553)または、  こちら から学生証のコピーをお送り下さい。
学生の方は無料ですが、お申し込みページから申し込みをしてください。その際、必ず学校名を記載いただき、申し込みページの「お支払い方法」では、「銀行振込→否」を選んでいただき進んでください。

支払い方法

お申し込み受付後、電子メールにて参加費等を記載したお申し込み受付確認メールをお送りいたします。
1月22日(水)までに、下記の口座にお振込みください。また、お振込み時には、参加者名及び電子メール(受付確認メール)に記載されているお申し込み番号を必ずご記入ください。
なお、受付確認メールの送付には、2~3営業日かかる場合もございますので、ご了承ください。

企業名でお振込みの場合は、事前に電子メール(受付確認メール)の返信にて参加者名、お申し込み番号及び振込み予定日を事務局までお知らせください。
請求書払いをご希望の場合は、支払期日に余裕をもって申し込みをお願いいたします。
恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。
クレジットカード払いの場合、事務手数料として一律 250円かかります。参加費にプラスしてご請求させていただきます。請求書の発行は致しませんのでご了承ください。
また、クレジットカードのお取り扱いにつきましては、1月19日(日)までのご利用となりますのでご了承ください。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
領収書をご希望の場合、申し込み時に「備考」欄にご記入下さい。
参加票は、弊協会のHPからダウンロードをお願いいたします。参加票のURLは、参加費のご入金を確認させていただいた後、1月中旬以降、電子メールにてご連絡いたします。
キャンセルをご希望の場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
1月22日(水)までにご連絡を頂けた場合、ご入金いただいた参加費から振込み手数料を差引いた金額でご返金いたします。
1月23日(木)以降はキャンセル手続きはできませんのでご注意願います。
また、未納の場合でも資料や、お席は確保いたしておりますので、参加費をご請求させていただきます。代理の方の出席も可能ですので、ご理解の程お願いいたします。
その際はお手数ですが事務局までご連絡をお願いいたします。
参加者の変更は、1月24日(金)までとなります。以降のご変更はお受けできませんのでご了承ください。
【 口 座 名 】  三菱UFJ銀行 本店 普通 0737079
【 名 義 人 】  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
 トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
【 振 込 人 】  参加者名及び電子メール(受付確認メール)に
 記載されているお申し込み番号をご記入ください

申し込み方法

冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 ボタンを押してください

各種資格の証明書

お申し込みの際に証明書をご希望された方には、沖縄PMセミナー終了後、当日ご参加いただいた方宛に、
メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
PMS資格者のCPUポイント : 11.0 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格者のPDUポイント : 5.5 PDU(証明書を発行します。)
( Leadership 1.0 、Strategic 3.0 、Technical 1.5 )
ITCの実践力ポイント : 1.375 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格認定試験用受講証明書(証明書を発行します。)
 ※ “PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。

協賛・パートナー企業

サイフォーマ、千代田化工建設、プログラムマネジメント情報研究所、竹中工務店
グローバルプロジェクトデザイン、日本インターグラフ、イグジン、TIS
横河電機、日立ドキュメントソリューションズ、パナソニック、富士通、東洋エンジニアリング、日揮グループ、イノベーションマネジメント
ITプレナーズ、日立製作所、イノベーションマネジメント、JFEエンジニアリング
ユニシス、PMアラインメント、プログラムマネジメント情報研究所、竹中工務店
日鉄エンジニアリング

問い合わせ先

日本プロジェクトマネジメント協会  お問い合わせは  こちら  TEL : 03-6234-0551

主催:  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)
        〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  ザイマックス東麻布ビル 7階
        TEL:03-6234-0551(代表)  FAX:03-6234-0553
後援:  一般財団法人エンジニアリング協会 (ENAA)
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 (ITCA)
協賛:  パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

 

ページトップに戻る