九州PMセミナー2019

個人情報保護方針に同意の上申し込み
  • PMAJ個人情報保護方針に御同意の上、申し込みをお願いいたします。
  • 11/13現在、36名様 お申し込みです。

日時

2019年12月6日(金)  10:00~17:30(受付開始:9:30)

場所

電気ビル 共創館 カンファレンスC  (福岡市中央区渡辺通 2丁目 1-82)

アクセス 【電 車】 西鉄薬院駅より 徒歩 7分
  【地下鉄】 七隈線 渡辺通駅 (電気ビル正面向かって最左手ビル)
※ 七隈線は空港線、箱崎線とは接続しておりません

プログラム

※ 講師および演題は、都合により変更することがあります。
PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)は、
L:Leadership (1.5)、S:Strategic (2.5)、T:Technical (2.0) です。

 

10:00~10:30 主催者講演(30分)
「ものづくり日本の課題とPMAJの戦略」 ~プロジェクトマネジメントが日本を救う!~  

 

加藤亨 加藤 亨  日本プロジェクトマネジメント協会 理事長
 縦割り組織の壁を打ち破れない日本企業が、ICTで統合化を実現した海外企業とどう戦うのか、また、情報の流れがせき止められた日本企業が、どのように世界市場に対して説明責任を果たしていくのか、そして、それら課題に、PMAJはどのように貢献していこうとしているのか。
【講演者略歴】
1978年3月 慶応義塾大学工学部管理工学科修士課程修了。
1978年4月~1999年3月 千代田化工建設(株)勤務。
1999年4月~2019年3月 千代田化工建設グループの子会社にて、執行役員、取締役、社長、顧問を歴任。
2019年7月~ 日本プロジェクトマネジメント協会 理事長

 

10:30~11:30 ビデオ講演(60分)
「好き嫌いの復権」  

 

楠木建 楠木 建  一橋大学 大学院経営管理研究科 教授
 ビジネスでは「良し悪し」が優先し、「好き嫌い」が劣後する傾向にある。
この講演では「好き嫌い」という価値基準の重要性を論じる。
【講演者略歴】
専攻は競争戦略。企業が持続的な競争優位を構築する論理について研究している。大学院での講義科目はStrategy。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部専任講師(1992)、同大学同学部助教授(1996)、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授(2000)を経て、2010年から現職。
著書として『「好き嫌い」と才能』(2016、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください:たった一つの「仕事」の原則』(2016、ダイヤモンド社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『戦略読書日記(2013、』プレジデント社)、『経営センスの論理(2013、』新潮新書)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件(2010、』東洋経済新報社)、)などがある。趣味は音楽(聴く、演奏する、踊る)。1964年東京都目黒区生まれ。

 

昼 休 み (70分)

 

12:40~14:10 基調講演(90分)
「月曜日が楽しみな会社にしよう!」 ~最短で達成する全体最適のプロジェクトマネジメント~  

 

岸良裕司 岸良 裕司  ゴールドラット・ジャパン CEO
 プロジェクトマネジメントの現実はマルチプロジェクトです。このセミナーでは、現実のマルチプロジェクト環境の中で、いかに「ゆとり」をつくりだしながら、開発期間を劇的に短縮できるか、科学的理論にもとづいて考察しながら、開発期間短縮の手法を学んでいただきます。パラダイムシフトを伴う大きな変革には、周囲の支援と、コンセンサスが欠かせません。その実践的なノウハウとロジックを提供し、現場で役立てていただきます。
【講演者略歴】
1958年生まれ、埼玉県出身。東京外国語大学ドイツ語学科卒業後、京セラに入社。その後、ソフト開発会社ビーイングに移り、同社の改革に携わる。全体最適のマネジメント理論TOCをあらゆる産業界、行政改革で実践し、目覚ましい成果の数々は、 国際的に高い評価を得ている世界の第一人者。そのセミナーは、 楽しく、わかりやすく、実践的との定評がある。主な著書に『マネジメント改革の工程表』『三方良しの公共事業改革』など。

 

休 憩 (10分)

 

14:20~15:50 招待講演(90分)
「プロジェクトマネジメントのポイント(ユーザの役割 & ベンダーの役割)」  

 

濵地宏通 濵地 宏通  株式会社セレアエクス 代表取締役
 プロジェクトはユーザ、ITベンダーが協働し、各々の目的を達成することが求められています。ITの環境も時代とともに変化し、プロジェクトマネジメントも複雑になっています。
 ユーザの情報システム部門およびITベンダーの経験からプロジェクトマネジメントのポイントをユーザ視点およびITベンダー視点で考察します。
【講演者略歴】
日本鉱業株式会社では金属・新素材事業本部・石油化学事業部、株式会社ジャパンエナジーでは石油販売事業本部、株式会社ジャパレンではレンタカー事業のシステム企画~保守、セントラル・コンピュータ・サービス株式会社およびNTTデータCCSでは営業、開発センター、事業本部の管理に従事。

 

休 憩 (10分)

 

16:00~17:00 ビデオ講演(60分)
「AI、ロボット、IoTを社会に活かす」
    ~人がより幸せになるような未来を創る会社の使命とは?~
 

 

富田直美
富田 直美 株式会社hapi-robo st 代表取締役社長
ハウステンボス株式会社 取締役 CTO
 ハウステンボスは「世界の人々に喜びと感動を提供し、新しい観光都市を創造します」を経営理念に、未来を見据えた様々な挑戦を行っています。その中でも「変なホテル」ではロボットの全面採用で顧客を楽しませつつ、徹底した自動化やロボット化によって、世界最高の生産性を実現しています。ハウステンボスにおけるロボット事業の立役者でもあり、米国企業11社の経営をしてきた富田が、豊富な経験を基に、人とロボットが補い合うロボット社会実現の可能性と、人と地球に優しい、E-Trinity(自己・自然節理・環境経済)による幸福世界の実現を目指していく方法について講演します。
【講演者略歴】
1948年生まれ。静岡県出身、国際商科大学卒。外資系IT企業の日本法人社長など11社の経営に携わる。(財)日本総合研究所理事、社会開発研究センター理事、アジア太平洋地域ラジコンカー協会初代会長等を歴任。“富田考力塾”を全国展開。多摩大学客員教授。2016年 hapi-robo stを立ち上げ、ハウステンボス取締役CTOとしてエイチ・アイ・エスグループのロボット事業全般を統括。ラジコンはプロレベル。ドローン空撮もプロとして活躍。

 

17:00~17:30 研究部会講演(30分)
「プロジェクト成功にはお客様との一体感が不可欠」 ~九州P2M研究部会の活動事例から~  

 

仙田実 仙田 実  株式会社アドヴァンスト・インフォーメイション・デザイン 課長
 依然としてITシステム構築の失敗プロジェクトが数多く発生し、その原因には「ユーザー企業の力量不足」もあると思います。そこで「システム発注から導入までを成功させる90の鉄則」を題材に顧客が抱える様々な課題・問題の背景を究明し、顧客、ベンダーそれぞれが何をすべきかその解決策、アプローチについてお話しします。
【講演者略歴】
長野県に本社のある中堅ソフトウェアハウスに20年勤務。システム開発から保守運用まで経験。
現在はIT利活用の助言・支援を通じて、企業経営とITの橋渡しに取り組んでいる。

 

ページトップに戻る

参加費

(消費税込み)
PMAJ個人正会員 3,000円
PMAJ法人正会員の社員または職員 3,500円
PMC、PMS、PMR有資格者 4,000円
ENAA賛助会員の社員または職員/PMI®会員/ITC資格者 4,500円
一般 5,000円
学生 (学生を本分とする方。社会人学生は対象となりません。証明書等発行なし。) 無 料(要申込)
PMAJ法人正会員及びENAA賛助会員の社員または職員の方がお申し込みをされる場合には、必ず企業名を記載してください。企業名の記載がない場合には、一般の参加費となりますのでご注意下さい。
学生の方は、FAX(03-6234-0553)または、  こちら から学生証のコピーをお送り下さい。
学生の方は無料ですが、お申し込みページから申し込みをしてください。その際、必ず学校名を記載いただき、申し込みページの「お支払い方法」では、「銀行振込→否」を選んでいただき進んでください。

支払い方法

お申し込み受付後、電子メールにて参加費等を記載したお申し込み受付確認メールをお送りいたします。
11月27日(水)までに、下記の口座にお振込みください。また、お振込み時には、参加者名及び電子メール(受付確認メール)に記載されているお申し込み番号を必ずご記入ください。
なお、受付確認メールの送付には、2~3営業日かかる場合もございますので、ご了承ください。

企業名でお振込みの場合は、事前に電子メール(受付確認メール)の返信にて参加者名、お申し込み番号及び振込み予定日を事務局までお知らせください。
請求書払いをご希望の場合は、支払期日に余裕をもって申し込みをお願いいたします。
恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。
クレジットカード払いの場合、事務手数料として一律 250円かかります。参加費にプラスしてご請求させていただきます。請求書の発行は致しませんのでご了承ください。
また、クレジットカードのお取り扱いにつきましては、11月24日(日)までのご利用となりますのでご了承ください。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
領収書をご希望の場合、申し込み時に「備考」欄にご記入下さい。
参加票は、弊協会のHPからダウンロードをお願いいたします。参加票のURLは、参加費のご入金を確認させていただいた後、11月20日以降、電子メールにてご連絡いたします。
キャンセルをご希望の場合は、必ずご連絡をお願いいたします。
11月27日(水)までにご連絡を頂けた場合、ご入金いただいた参加費から振込み手数料を差引いた金額でご返金いたします。
11月28日(木)以降はキャンセル手続きはできませんのでご注意願います。
また、未納の場合でも資料や、お席は確保いたしておりますので、参加費をご請求させていただきます。代理の方の出席も可能ですので、ご理解の程お願いいたします。
その際はお手数ですが事務局までご連絡をお願いいたします。
参加者の変更は、11月29日(金)までとなります。以降のご変更はお受けできませんのでご了承ください。
【 口 座 名 】  三菱UFJ銀行 本店 普通 0737079
【 名 義 人 】  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会
 トクヒ)ニホンプロジェクトマネジメントキョウカイ
【 振 込 人 】  参加者名及び電子メール(受付確認メール)に
 記載されているお申し込み番号をご記入ください

申し込み方法

冒頭にあります 「個人情報保護方針に同意の上申し込み」 ボタンを押してください

各種資格の証明書

お申し込みの際に証明書をご希望された方には、九州PMセミナー終了後、当日ご参加いただいた方宛に、
メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
PMS資格者のCPUポイント : 12.0 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格者のPDUポイント : 6.0 PDU(証明書を発行します。)
( Leadership 1.5 、Strategic 2.5 、Technical 2.0 )
ITCの実践力ポイント : 1.5 ポイント(証明書を発行します。)
PMP®資格認定試験用受講証明書(証明書を発行します。)
 ※ “PMP”は、Project Management Institute, Inc. (PMI)の登録商標です。

協賛・パートナー企業

サイフォーマ、千代田化工建設、プログラムマネジメント情報研究所、竹中工務店
グローバルプロジェクトデザイン、日本インターグラフ、イグジン、TIS
横河電機、日立ドキュメントソリューションズ、日揮、パナソニック
ITプレナーズ、日立製作所、イノベーションマネジメント、JFEエンジニアリング
富士通、ユニシス、PMアラインメント、東洋エンジニアリング、日鉄エンジニアリング

問い合わせ先

日本プロジェクトマネジメント協会  お問い合わせは  こちら  TEL : 03-6234-0551

主催:  特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ)
        〒106-0044  東京都港区東麻布一丁目5番2号  ザイマックス東麻布ビル 7階
        TEL:03-6234-0551(代表)  FAX:03-6234-0553
後援:  一般財団法人エンジニアリング協会 (ENAA)
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 (ITCA)
協賛:  パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

 

ページトップに戻る