特定非営利活動法人
日本プロジェクトマネジメント協会

 概要
 協会挨拶
    ・会長挨拶
    ・理事長挨拶
 ミッション
 協会の沿革
 定款
 倫理要綱
 組織・役員
 事業報告・事業計画
 委員会・部会
 入会特典
 入会案内・会費・変更手続き
 法人会員一覧
 セキュリティポリシー
    ・個人情報保護方針
    ・特定個人情報保護方針
 リンク
 サイトマップ
 お問い合わせ
 更新履歴
 PMAJ所在地と地図


特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会 P2Mプロフェッショナル倫理要綱
   
 日本プロジェクトマネジメント協会 (PMAJ) が与える資格者 (プログラムマネジャー・レジスタード (PMR)、プロジェクトマネジメント・スペシャリスト (PMS)、プロジェクトマネジメント・コーディネータ (PMC)、プロジェクトマネジメント・コーディネーターエントリー (PMCe) ) 及びプログラム・プロジェクト実務者 (これらを総称し「P2Mプロフェッショナル」という。) 共通の倫理要綱をここに定める。

  (真心と信念をもった誠実な行動)
1. P2Mプロフェッショナルは、真心と信念をもって誠実に行動し、私利私欲をまじえず、他人を欺むかない。また、その様な行為が行われることを容認しない。
  (公平と公正の確保)
2. P2Mプロフェッショナルは、公平を重んじ、差別・不正・独占などを排する精神と姿勢で行動することによって、公正で健全な社会を築くことに貢献する。
  (社会への貢献)
3. P2Mプロフェッショナルは、地域社会との良好な関係を構築・維持し、プログラム・プロジェクトの計画・実施を通じ公衆の安全、地球環境の保全、社会の維持等の社会貢献活動を行う。
  (コンプライアンス)
4. P2Mプロフェッショナルは、その業務に適用される法律等に基づき行動する。併せて法律等に明記されていない規範を善意に解釈し行動する。
  (専門性の維持)
5. P2Mプロフェッショナルは、常に「専門知識」、「効率的遂行能力」、「効果的能力」を高めるための研鑽を怠らず、後人の人材育成に対しても積極的に関与する。
  (秘密の保持)
6. P2Mプロフェッショナルは、業務上知りえた秘密を、正当な理由がなく他に漏らしたり、転用したりしない。
  (ステークホルダー相互の協力)
7. P2Mプロフェッショナルは、ステークホルダーに対する成果責任を充足するよう努める。ステークホルダー間の利害対立に対して公平、公正の基準で臨む。また地域文化や生活慣習の尊重を特定目的に対するときよりも優先して取り扱う。
  (説明責任)
8. P2Mプロフェッショナルは、仕事の行動、プロセス、成果に関してステークホルダーに対する説明責任を負う。
  (客観的かつ事実に基づく定期的報告)
9. P2Mプロフェッショナルは、プログラム・プロジェクトの成果をステークホルダーに対して、客観的かつ事実に基づき定期的に報告し、問題ある場合は誠心誠意その解決にあたる。
  (信用の保持)
10. P2Mプロフェッショナルは、品位を保持し、傲慢な態度を取らず、不当や不正な報酬を受け取る等、信用を失う様な行為、行動をしない。

【 資格停止と剥奪 】
 PMAJが付与した資格を有したP2Mプロフェッショナルが、本倫理要綱に違反し、社会的、職業的な信用あるいは名誉を著しく損ねた場合は、PMAJが設置する倫理審査委員会で検討し、該当者は資格停止や資格の剥奪を行う。


ページトップに戻る