SIG推進部会
 
SIGとはSpecific Interest Group の略で、プログラム・プロジェクトマネジメントの特定領域(業種別、PMの切り口別、など)に関してPMAJ会員有志が結成する自主研究・開発・普及グループです。SIGは参加者が多くなると理事会の承認を経て部会となることも可能です。
SIGへの参加は随時可能です。

SIGの組成・運営ガイドラインは次の通りです。

  1. SIGは目安として5名以上のPMAJ会員を以って結成できる。
  2. SIGの活動対象はプログラム・プロジェクトマネジメント領域の事項であること。
  3. SIGの活動は、PMAJの定款や他の規定・規則が定める範囲内であること。
  4. SIGは、SIG創設提案書 (SIG立ち上げと活動手順ならびに設立提案のサンプルはこちら:Wordファイル) をSIG推進部会長経由で理事会に提出し、承認されることをもって、結成できる。
  5. SIGのリーダー(代表、幹事・世話役など)はPMAJ会員であること。
  6. SIGには会員以外の方も参加できるが、会員以外のメンバーはSIGメンバー総数の半分以下を目安とする。ただし、SIGの目的から、他の団体とのコラボレーションが必然的な場合は、理事会の了承を得てこの限りではない。
  7. SIGの運営はSIGが自己完結で行うこと(事務局は有料イベントの開催などを除いて関与・助勢いたしません)。
  8. SIG活動のためにSIG会費(サーチャージ)を3千円/年を限度に徴収することができる(SIG創設提案書に明示することが必要です)。SIG会費はSIG内で自主管理し、また次項で述べるPMAJのSIG予算との合算支出はできない(同一項目の支出をPMAJ交付予算とSIG会費予算を合算して行うなどは不可です)。
  9. 設立提案書に予算を記載し、理事会が認めたSIGには年度予算をPMAJが提供することができる。予算は、原則として、立ち上げ支援(2年間程度)と、将来収入を生む成果物を制作するための活動(教材制作費など)にのみ充当できる。
  10. SIGは、独自の企画による有料セミナーなどを開催することができるが、収支差額金の帰属は、PMAJ事務局と協議のうえ決定する。
  11. SIG活動は年2回程度理事会に報告することを要する。
  12. PMAJ理事会は、SIGの運営が、定款・規定・細則に違反する、PMAJの目的から逸脱する、あるいは著しく活性を欠く場合には解散を勧告する権利を留保する。

現在活動中のSIGは次の通りです。
各SIGに関するお問い合わせは、お問合せ内容欄に「(SIG名)SIGに関すると問い合わせ」と記して、 こちら にお願い致します。

 

1 ) ITベンチマーキングSIG
ITベンチマーキングSIGの趣旨は、『IT分野に関わりのある企業・組織に共通なPMに関わる問題・課題をとりあげて、広く社会に提言し解決して、IT産業の発展とPMの向上に貢献する。』です。
この趣旨に沿って、IT分野を中心とする幅広い分野のメンバーが、強い意思を持って、IT分野の課題解決のために実践的な研究活動を行っています。

研究テーマは、「RFPベンチマーク」、「PMナレッジ」、「ヒューマン・コミュニケーションプロトコル」、「リスクマネジメント」、「プロジェクトマネジャーの成功条件」、「TPS(トヨタ生産方式)に学ぶPM」、「パートナー満足(PS)と人材活用」、「メンバーを元気にするPM行動、ダメにするPM行動」、「育成」、「IT分野でのP2M活用研究」など様々で、それぞれワーキンググループ(WG)を組成して活動しています。

研究成果は、冊子やジャーナルにまとめてPMAJの会員や会員の母体組織にフィードバックすると共に、国内および海外のPM大会での発表やセミナーの実施を通して広く世の中に普及を図っています。
【主な出版物】
・『RFPベンチマーク報告書 -ITシステム構築に関するRFPの実態と改善提案-』
・『SEのための ヒューマン・コミュニケーシヨン技術とコミュニケーション・プロトコル』『参考資料集』
・『ITプロジェクト 実践リスクマネジメント・ガイドブック』
【主なセミナー】
・『チームのテクニカルコミュニケーション力』
・『ITプロジェクトのためのなぜなぜ5回(階)』
・『PM技術とヒューマン・コミュニケーション』
・『ITプロジェクト 実践リスクマネジメント』

 ITベンチマーキングSIGに関するお問い合わせ先
   富士通株式会社 城川 淳  メールアドレスは  こちら
 
◆ 活動中のワーキンググループ(WG)のご紹介
【IT分野でのP2M活用研究WG】

IT分野ではプロジェクトマネジメントが普及、定着しつつありますが、一方では、プロジェクトの高度化、複雑化、更には経営と直結した案件をも取り扱うようになり、従来のプロジェクトマネジメント手法だけでは限界を感じるようになって来たのではないでしょうか。依頼者側とベンダー側とを一体的にマネジメントし、最適解(機能、納期、コスト、成果)を求める仕組み・やり方が求められつつあります。本WGは、P2MがIT分野でのこれら要求に答えられるのか、また、答えるためにはどうしたら良いのかを研究して行きます。2009年8月に7名の設立メンバーと2名のオブザーバーでスタートしました。今後は以下のように進めて行きます。
   (第1ステップ)2009/08~2009/10 IT分野での活用事例から問題・課題を抽出
   (第2ステップ)2009/11~2010/03 問題・課題への対策を検討(ex.ガイド作成等)
   (第3ステップ)2010/04~2010/09 対策の効果測定、又は、効果推定
依頼者側、ベンダー側の何れの方でも結構です。趣意にご賛同の方、興味をお持ちの方、経験を披露したいと思われている方、幅広い方の参加を歓迎致します。
〈連絡・問合せ先〉
  株式会社ゆうちょ銀行 近藤 洋司  メールアドレスは  こちら
 
【TPS(トヨタ生産方式)に学ぶPM WG】
トヨタ生産方式(以下、TPS)について、カンバンなどのツールが有名ですが、本WGでは、ツールではなく、ツールを適用する背景にある人間系スキル(人間性尊重+知恵と改善)を焦点に、ITプロジェクトへの活用を研究しています。これまで、人間系スキルから共有の重要性を研究し、共有の実践として、ITプロジェクトのためのなぜなぜ5回(階)を研究し、PMシンポジウム2007から3年間継続して発表してきました。
今後は、今までの研究を踏まえ、共有とその背景にある人間系スキルを研究していきます。そして、プロジェクトマネジャー、チームメンバーおよびステークホルダーが価値を共有して、幸せになるための提言をまとめていきます。興味をお持ちの方の参加をお待ちしています。
〈連絡・問合せ先〉
  株式会社 富士通アドバンストエンジニアリング 小原 由紀夫  メールアドレスは  こちら
 
【PS研究会の紹介と「MM4タスク」】
プロジェクトにおいて、WBSのタスクをメンバーの誰に担当させるのか? 単純作業であれば、工数の山積みから作成することになります。しかし、メンバーは、専門性もスキルも性格も違いますし、PMが知らないいろいろな仕事を抱えており、PMにとって一番難しいマネジメントではないでしょうか。
ここでは、協働するチームを作ることによりこの課題を解くアプローチを研究しております。良いチームであれば、自立的な役割分化が生じ、チームとして目標達成を行う自立的な行動が起こることを活用します。どのようにすれば合理的にチームを作ることができるのか?そのためにPMに求められる役割やスキルは何か?こんなテーマで活動しております。
〈連絡・問合せ先〉
  富士通株式会社 松田 浩一 (MM4リーダ)  メールアドレスは  こちら
 

2 ) ダイアログSIG (学習するプロジェクト研究会)

(1) SIGの目的
 近年の社会においては、環境変化の激しさに加えて多様性や不確実性が増したことにより、プロジェクトが複雑化し、過去の経験やノウハウは必ずしも有効でなく、また教科書的なプロジェクトマネジメント手法だけでは太刀打ちできないプロジェクトが増えている。
 このようなプロジェクトにおいては、進め方や問題解決を知性や論理のみによって導き出すのは困難であり、「議論により最も優れた代替案を決定する」、「情報を収集して専門家が論理的に判断する」といったアプローチよりも、「さまざまな意見を並べてみて、判断保留した上で新たな意見を探求する」「直接的なプロセスを通じて共通理解を深め、知性と感情を共有する」、といった「ダイアログ(対話)」の有効活用が効果的である。
 事実、海外においては開発プロジェクトを中心に、議論ではなくダイアログを用いることによって成果を生み出す事例が増えてきており、「ワールドカフェ」や「オープン・スペース・テクノロジー」等、そのための手法が開発され実践されている。
 これらのダイアログ手法は、効果的でかつ失敗が少ない安定度の高い手法として定着しつつある。

 「ダイアログ」の主な特徴は次のとおりである。
・自分の意見を明確に提示した上で、さまざまな意見を傾聴し受け止める
・自分と異なる意見を尊重し、判断を保留した上で弁証法的に新たな意見を創造する
・相手を説得するのではなく共通理解を探求しあう
・権威や上下関係を越えて話し合う場を作る
・抽象的な概念ではなく参加や共通体験を通じて全体を理解する

 本SIGでは、組織変革や新ビジネスモデルの事業化、商品開発、大規模なシステムインテグレーションなどにおいて、対立や矛盾や感情をはらんだ問題に直面し、誰も正解を持っていないプロジェクトを想定し、上記のような状況を克服するために、プロジェクトマネジメントにダイアログを活用することの有用性や、プログラムやプロジェクトの母体となるコミュニティにダイアログの場を作り出すことの有効性を研究する。
 
(2) 活動内容(予定)
第1段階
・SIG運営方針の確認
・「ダイアログ」に関して共通理解を深めるための学習および体験

第2段階
・プロジェクトマネジメントにおける「ダイアログ」活用に関する研究と仮説の立案
・PMシンポジウム等、多くの人が集まる場を利用してのフィールドワークと仮説の検証

第3段階
・活動のまとめと発表
 

3 ) PMAJ Global Project Management SIG
 日本在留の外国人と日本人による、(すべて)英語で運営するグローバルPMSIGです。

 

4 ) 「ビジネス・イノベーションSIG (Phase2)」活動
 独創的発想と、それを実現させ、成功させるビジネス・イノベーションのプロセスと重要スキルを研究し、新事業をプロジェクトとして立案し成功させる「ビジネス・プロデューサー」の条件をまとめる。
 活動計画は  こちら (PDF)

 

5 ) Women's SIG
1.目的
 女性が長く元気で楽しく働く機会の創出の一助として「プロジェクトマネジメント」を多くの働く女性が知る機会を作り、経営効果を出せる女性を増やしていく。
 そして、PMAJを通じて優秀な女性PMの多様な活用事例を創出する。
2.活動内容
 (1) 活動・事例報告
 (2) ロールモデル選定
 (3) PMシンポジウムでのSIG企画策定

代表: 株式会社エイチアイ・シス 石川 博子  メールアドレスは  こちら

 

6 ) 「研究開発のためのプロジェクトマネジメント」
1.目的
 研究開発は、イノベーションの基本であり事業創生、事業継続又は拡大には不可欠である。しかし、研究開発から事業化までには、魔の川(Devil River)、死の谷(Valley of Death)、ダーウィンの海(The Darwinian Sea)と言われる困難が待ち受けている。これらの困難を乗り越えて事業を継続することは大変なことであるが、事業化出来れば企業に取って素晴らしい成果が待ち受けている。事業化プロセスの中で、研究開発に焦点を当て、研究開発の成功確率を上げるためにプロジェクトマネジメントを向上させることを活動の目的とする。具体的には、プロジェクトマネジメントに関係する開発目標・開発体制・開発プロセス・開発期間・開発費の指標設定に注目して、通常のプロジェクトと研究開発のプロジェクトを比較して研究開発プロジェクトの改善策を提案していく。また、フェーズゲートを設ける考え方も考慮する。 設立趣意書は  こちら (PDF)

2.SIG参加メンバーの公募
参加希望の方は、下記アドレスよりメール送信願います。
メールには、氏名・メールアドレス・連絡先等を必ず記載願います。

代表: 株式会社日立製作所 大和田 政孝  メールアドレスは  こちら