【EX-2-1】 ウォータフォール中心のメンバーから始めるアジャイル開発
9月10日  14:25~14:55 Technical  
 講師 株式会社アジャイルウェア 代表取締役CEO 川端 光義
 セッション概要 今までに増して多くの企業がアジャイル開発を実践しつつあります。しかし、やり方を急激に変えることで様々な課題が噴出し、経験不足からそれらの課題に適切に対処できず結局元のやり方に戻ってしまう、といった話もよく耳にします。
人の考え方や性格、行動はすぐに変わるものではありません。最初からアジャイル開発に必要なスキルをメンバーに求めようとするのではなく、チームメンバーの個性を活かしながら成果を出すために、明日からどう取り組んでいけばよいか、15年のアジャイル開発経験を元に事例を交えてお話します。
 講師略歴 1998年からソフトウェア開発を20年以上経験。アジャイル開発を現場で実践。2007年、Rubyの受託開発を始め、2012年、株式会社アジャイルウェアを設立。
2014年にプロジェクト管理ツール『Lychee Redmine』、2018年にはWeb議事録サービス「GIJI」を開発・販売スタート。
閉じる