【EG-1】 12基の発電所の同時建設プロジェクト
プロジェクトマネージメントのキーポイント
9月10日  13:10~14:10 Technical  
 講師 東洋エンジニアリング株式会社 インフラ事業本部・インフラプロジェクト本部
プロジェクトマネージャー 工藤 正彦
/アシスタントプロジェクトマネージャー 池ノ内 紀彦
 セッション概要 バンコク近郊12か所に天然ガス焚きのコンバインドサイクルコジェネレーション発電所を建設するプロジェクトが、2015年2月より前半6案件を2か月毎に着工、そ の後6か月の間隔を空け、更に後半6案件を2か月毎に着工し、工期27か月で順次商業運転開始、昨年7月に最後の12件目が商業運転開始となった。完全なコピープラントではなく、一時期は異なるEPCフェーズの12基の発電所建設が並行して進むという特殊なプロジェクトに対して、どのように1つのプロジェクトとして運営したか、プロジェクトマネージメントのキーポイントとなった点を紹介する。
 講師略歴 工藤 正彦:石炭火力発電、重油質分解プロジェクト他の配置・配管設計業務を経て、平成15年よりガス処理や発電プラントのプロジェクト業務を歴任。
池ノ内 紀彦:電気設計部にて、石炭火力発電所、エチレンプラント、製油所、ガスパイプライン、鉄道他の設計業務を経て、平成24年より海外プロジェクト本部、インフラプロジェクト本部、タイSPP案件を遂行。
閉じる