PMシンポジウム2022
〔 お申し込みに関して 〕
参加される日程毎に「会場参加」または「オンライン参加」」にチェックを入れてください。
どちらをお選び頂いた場合でも、ライブ配信の5つの講演及びオンデマンド配信の全ての講演を、視聴することができます。
Day1:9月15日(木)
※会場参加またはオンライン参加(ライブ配信のオンデマンド配信は9月18日9時~10月15日24時)
+オンデマンド配信:9月17日9時~10月15日24時
Day2:9月16日(金)
※会場参加またはオンライン参加(ライブ配信のオンデマンド配信は9月19日9時~10月15日24時)
+オンデマンド配信:9月18日9時~10月15日24時
参加される日程毎に6つの講演をお選びください。(お選びいただいた講演以外も視聴できます。)
  < PDUを希望されるPMPの方へ >
  講演毎にTalent Triangle(3つのスキル)が決まっておりますのでご自身が必要なスキルをご確認の上、講演をお選びください。
お選びいただいた6つの講演のスキルを集計してPDUが発行されます。【受付確認メール】にて参加講演およびポイント数を必ずご確認ください。
お申し込み後、【受付確認メール】をお送りしますので、参加費のお支払いをお願いいたします。
クレジットカード払いを選ばれた方につきましては、受付確認メール送付後、別途クレジットカード決済のメールを送付いたしますのでお手続きください。
ご入金確認後、開催日の3日前になりましたら、お申し込み時のメールアドレス宛に、「講演配布資料のダウンロード情報」および「接続先の情報(ログインURL)」のご案内メールをお送りいたします。
〔 視聴に関して 〕
ネット接続ができる環境で、PC・スマホ・タブレットなどから視聴できます。
視聴にはZOOMアプリが必要ですので、お申し込みの前に こちら(ZOOM提供のテストページ) にて接続確認テストをしてください。
当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の影響により、聴講ができない場合、PMAJでも対応が出来かねる場合がございますのでご了承ください。
〔 各種証明書の発行に関して 〕
10月末頃メールにてご案内いたします。なお、証明書発行ご希望の方は、配信期間中に視聴後、アンケート(別途ご案内)に回答をお願いいたします。
〔 著作権について 〕
講演動画の著作権は、講演者およびPMAJに帰属しており、この動画の一部分または全部を著作権者に無許可で使用することは著作権法に反することとなります。
講演の録画・録音は、ご遠慮願います。
【Day1 9月15日】
(右記の参加方法にチェックを入れてください。)

【 ライブ配信 】9月15日(木)/ オンデマンド配信 ※ 9月18日(日)9時~10月15日(土)24時まで視聴出来ます。
9月15日(木)【 ライブ配信 】
10:00~11:00
デジタル技術で創る日本の未来 ~実現に向けて、今取り組むべきこととは~
 岡本 安史 (TIS)
11:20~12:20 13:20~14:20 14:40~15:40 16:00~17:00
第5次産業革命前夜
~明るい未来を創るプログラムマネジメント~

加藤 亨
(日本プロジェクトマネジメント協会)
水害の歴史と地域知から探る災害対策・対応
~世界遺産:熊野本宮大社を取り巻く地域社会~

落合 知帆
(京都大学)
システム思考とレジリエンスで捉えるセーフティ&セキュリティ
~先端セーフティ理論に学ぶデジタル社会のITリスクマネジメント~

金子 朋子
(NTTデータ)
空の移動革命への挑戦
~日本発 空飛ぶクルマと物流ドローンの開発~

宮内 純枝
(SkyDrive)

【 オンデマンド配信 】※9月17日(土)9時~10月15日(土)24時まで視聴出来ます。
 
プロジェクトマネジメントとエンターテイメントの秘密
~プロジェクトマネジメントをイノベーションするコンテンツと影響力の科学~

河路 裕司
(トヨタシステムズ)
まちづくりにおけるプログラムマネジメントの実践
~竹中工務店のまちづくり戦略の取組み~

岡 晴信
(竹中工務店)
プロジェクトを創り、成功に導く人材育成を目指して
~夢工学から見た次世代への伝承法~

奥田 智洋
(アイ・ティ・イノベーション)
受発注者が協調したアジャイル開発でDX推進
~アジャイル開発版モデル契約の概説~

山下 博之
(情報処理推進機構)
勝つことより負けない自分を育てるための習慣
~自分らしく生きるための心構えとプロセス~

戸倉 彩
(日本アイ・ビー・エム)
システムを作らせる技術
~システム導入に失敗しないために発注者がなすべきこと~

白川 克
(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ)
DevOpsを推進するアジャイル開発品質保証フレームワーク実践事例
船橋 篤史
(SHIFT)
富士通におけるキャリアオー ナーシップ
末松 佳子
(富士通)
組織の成長の鍵は、メンバーが幸せに働けること
~組織におけるCHOの役割とは~

椎野 磨美
(環)
やる気を引き出し、強いチームを作るコーチング
~「グループコーチング」と「アジャイルコーチング」でケイパビリティを高めよう!~

中野 安美
(Agility Design)
職場重視モデルから考える女性活躍推進を成功させるマネジメント
大槻 奈巳
(聖心女子大学)  
激甚化する災害に企業はどう備えるか?
~デジタル技術による平常時からのデータ活用~

吉田 千穂
(富士通)
データを価値に変える社会インフラ保守事業の創生
竹島 昌弘
(日立製作所)
こういう何でもない時間が一番大切だから
~信頼に基づく自発的な行動が生まれる組織づくり~

徳光 みく、今枝 沙織
(チャリティーサンタ)
ビジネス創出におけるSTEMの役割と重要性
井上 栄
(FCNT)
IPAによる企業のDX推進支援事業の状況
鎌田 高輝
(情報処理推進機構)
北米の事例からDXを考察する
皆川 和花
(BIPROGY USA)
多種目スポーツリーグをするワケ
~スポーツ×ローカルファースト×ダイバーシティ~

出合 祐太
(DOLEAGUE)
【 オンデマンド配信 】※9月17日(土)9時~10月15日(土)24時まで視聴出来ます。
Day1/Day2共通
PMRが語る プログラムマネジメントの勘所
~プログラムマネジメントを自在に活用しよう!~

枝窪 肇、林 健太郎
(Advanced PMR Club)
中小規模製造業のプログラムマネジメント
~プログラムは「サービスモデルで価値創造を行う」から考える~

藤澤 正則
(Advanced PMR Club)
Society5.0時代のプロジェクトマネジメント
~全産業で進むデジタル化におけるPMの役割~

大泉 洋一
(PM研究・研修部会)
PMBOK®ガイド 第7版概要解説
~大規模改正の意図と第6版との違いとは~

大槻 直彦
(PM研究・研修部会)
ユーザー企業のためのプロジェクトマネジメントフレームワーク
~PRINCE2®の実践~

尾形 順一、田中 繁光
(PM研究・研修部会)
変化の激しい時代に求められる組織の変革アジリティ
香川 隆
(チェンジマネジメントSIG)
DX成功に組織アジリティは欠かせない!
~DX推進のためのアジャイル実践アプローチ~

小原 由紀夫、今野谷 史
(組織アジリティSIG)
「できること」から「やるべきこと」へ
~ロードマッピングの活用とその成功要因~

佐藤 祐也、荒平 翔太、
島田 恵子、風間 正行
(ロードマッピングSIG)
「たった1人からはじめるイノベーション実践」
~イノベーション入門から実践への知恵~

竹林 一
(PMマイスター)
プログラムマネジメントの大学教育への活用について
~P2Mのプログラムマネジメントを大学教育で適用した事例の紹介~

濱 久人
(PMマイスター)
AXELOSのPPMの概要と特徴
~成果物の提供から組織の戦略目標達成まで一貫したガイダンスを提供~

木下 雅治、羽佐間 一潮
(PeopleCert)
AIを活用した画期的なモダナイゼーション!
~システムリフォームで、 日本のシステム構築を改善する~

新妻 秀樹
(ソフトロード)
EVMの要点解説『% Completeの評価方法』
~進捗率(% Complete)算出方法のバリエーション~

金子 健一
(TIS千代田システムズ)
スマート・コンストラクション・プラットフォーム
~建設プロジェクトのDX実現に向けて~

東根 正興
(日本オラクル)
不確実性・複雑性を管理する3つのポイント
~不確実性に支配される前に管理する~

松橋 健一
(Hexagon)
 
メンバーが納得して動いてくれるプロジェクトマネジャーとは?
~パーパス経営から考えてみる~

佐藤 昌夫
(パナソニック ソリューションテクノロジー)
DXに必要なアジャイルとプロジェクトデザイン
池 大
(グローバルプロジェクトデザイン・ジャパン)
ひとつのチョンボから次のチョンボへ
~プロジェクトマネジャーの品格-目標、偶然、レジリエンス~

中嶋 秀隆
(プラネット)
   

【Day2 9月16日】
(右記の参加方法にチェックを入れてください。)

【 ライブ配信 】9月16日(金)/オンデマンド配信 ※ 9月19日(月)9時~10月15日(土)24時まで視聴出来ます。
9月16日(金)【 ライブ配信 】
10:00~11:00
DXの思考法
西山 圭太 (東京大学未来ビジョン研究センター)
11:20~12:20 13:20~14:20 14:40~15:40 16:00~17:00
IOWN/6G時代のデジタル社会に向けた富士通の取組み
宮田 修次
(富士通)
ものつくりの進化で示す日本の強さで未来の暮らしをビジョンする
~SDGs未来都市の地域創生と研究開発~

梅山 光広
(石巻専修大学)
複数大学連携PBLでのチームティーチングによるイノベーション人材の育成教育
大場 みち子
(公立はこだて未来大学)
発酵は楽しい! 私の酒造り
~小さな酒蔵で挑む女性杜氏の大きなチャレンジ 身体にやさしい日本酒を~

向井 久仁子
(向井酒造)

【 オンデマンド配信 】※9月18日(日)9時~10月15日(土)24時まで視聴出来ます。
 
世界で求められるPMスキル/スケジュール/データ マネジメント
~グローバルプロジェクトにおけるリスクヘッジ手法・日本がグローバル社会で生き残るには~

小林 潤
(ターナー&タウンゼント)
プロジェクトをダメにするリーダーの考え方
~本当のプロジェクトマネジメントとは~

横山 信弘
(アタックス・セールス・アソシエイツ)
気候変動と自己肯定感
谷口 たかひさ
(環境活動家)
SNSを超える第四の居場所
~これから必要とされるコミュニティのカタチ~

岡田 尚起
(ゆめのたね放送局)
事業シフトに求められる人材の変革
~新事業創出に向け、試行錯誤で進めた人材・組織改革~

相澤 淳
(パナソニック ソリューションテクノロジー)
DX推進に効く!ローコード開発環境の戦略的適用
~現場のイノベーションを支える活用事例~

皆川 あゆみ
(富士通エフサス)
パーパス経営の視点からみたイノベーショマネジメント
新谷 幸弘
(千葉工業大学)
サステナブルキャリア構築と地方創生の可能性
~人生100年時代”最初の一歩”の作り方~

大桃 綾子
(Dialogue for Everyone)
ピンチをチャンスにする組織成長
~ダイバーシテイ経営・健康経営は中小企業こそ!~

鍋嶋 洋行、太 美善、
部坂 菜津子
(大橋運輸)

CFP
ハートグラムを活用したプロジェクト適性の見極め方
~DX時代を切り開くPM人材になるために~

高島 徹
(決断力)
気候中立に貢献する開発プロジェクトの社会実装
~千代田スケールアップエンジニアリング~

細野 恭生
(千代田化工建設)
デジタルの架け橋が地域の未来を拓く!
~地域移住型DX変革プログラムの挑戦~

武野 竜也 (富士通Japan)、
志知 貴文 (長野県伊那市)、
山口 倫照 (群馬県嬬恋村)、
福地 達貴 (北海道神恵内村)
SDGs事業 アジャイル的立ち上げ実践の報告
~PMI®日本支部流SDGsスタートアップ方法論概説~

稲葉 涼太、西原 真仁
(PMI®日本支部)
革新的発想法による新事業創出
~デック思考で新たな製品・サービスを産み出す実践アプローチ~

川勝 良昭
(東工業)
 
社会貢献活動をもっと身近に
~生活者の豊かな日常と明るい未来を創るプラットフォーム~

児玉 信人
(BIPROGY)
空間認識プラットフォームBRaVSによる社会課題解決
武井 宏将
(BIPROGY)
人のキャリアをどう考える
~キャリアコンサルタントの視点から~

三宅 ひろみ
(BIPROGY)
ひとりぼっちのいない地域・社会を創る
~小さな町の地域コミュニティ「みんなのいえカラフル」の実践~

奥 結香
(TetoCompany)
【 オンデマンド配信 】※9月17日(土)9時~10月15日(土)24時まで視聴出来ます。
Day1/Day2共通
PMRが語る プログラムマネジメントの勘所
~プログラムマネジメントを自在に活用しよう!~

枝窪 肇、林 健太郎
(Advanced PMR Club)
中小規模製造業のプログラムマネジメント
~プログラムは「サービスモデルで価値創造を行う」から考える~

藤澤 正則
(Advanced PMR Club)
Society5.0時代のプロジェクトマネジメント
~全産業で進むデジタル化におけるPMの役割~

大泉 洋一
(PM研究・研修部会)
PMBOK®ガイド 第7版概要解説
~大規模改正の意図と第6版との違いとは~

大槻 直彦
(PM研究・研修部会)
ユーザー企業のためのプロジェクトマネジメントフレームワーク
~PRINCE2®の実践~

尾形 順一、田中 繁光
(PM研究・研修部会)
変化の激しい時代に求められる組織の変革アジリティ
香川 隆
(チェンジマネジメントSIG)
DX成功に組織アジリティは欠かせない!
~DX推進のためのアジャイル実践アプローチ~

小原 由紀夫、今野谷 史
(組織アジリティSIG)
「できること」から「やるべきこと」へ
~ロードマッピングの活用とその成功要因~

佐藤 祐也、荒平 翔太、
島田 恵子、風間 正行
(ロードマッピングSIG)
「たった1人からはじめるイノベーション実践」
~イノベーション入門から実践への知恵~

竹林 一
(PMマイスター)
プログラムマネジメントの大学教育への活用について
~P2Mのプログラムマネジメントを大学教育で適用した事例の紹介~

濱 久人
(PMマイスター)
AXELOSのPPMの概要と特徴
~成果物の提供から組織の戦略目標達成まで一貫したガイダンスを提供~

木下 雅治、羽佐間 一潮
(PeopleCert)
AIを活用した画期的なモダナイゼーション!
~システムリフォームで、 日本のシステム構築を改善する~

新妻 秀樹
(ソフトロード)
EVMの要点解説『% Completeの評価方法』
~進捗率(% Complete)算出方法のバリエーション~

金子 健一
(TIS千代田システムズ)
スマート・コンストラクション・プラットフォーム
~建設プロジェクトのDX実現に向けて~

東根 正興
(日本オラクル)
不確実性・複雑性を管理する3つのポイント
~不確実性に支配される前に管理する~

松橋 健一
(Hexagon)
 
メンバーが納得して動いてくれるプロジェクトマネジャーとは?
~パーパス経営から考えてみる~

佐藤 昌夫
(パナソニック ソリューションテクノロジー)
DXに必要なアジャイルとプロジェクトデザイン
池 大
(グローバルプロジェクトデザイン・ジャパン)
ひとつのチョンボから次のチョンボへ
~プロジェクトマネジャーの品格-目標、偶然、レジリエンス~

中嶋 秀隆
(プラネット)
   


■お申し込み者詳細フォーム
◆ 以下、PMAJ会員の方も事務処理の都合上、全ての項目をご記入ください。 は必須項目です。
PMAJ会員番号  PMAJ個人正会員の方は必ず会員番号をご記入ください。
申込年月日  (西暦:半角数字:例:2022/7/10)
氏    名    姓         名  (全角)
氏名ふりがな    せい  めい  (全角ひらがな)
勤務先・学校名
(カタカナは全角で、数字、アルファベットは半角で入力してください。事業所、工場名等は所属の項目へ)
PMAJ法人正会員の職員の方およびENAA賛助会員企業の職員の方は、
上記欄の勤務先名を必ずご記入ください。
勤務先名の記載がない場合には、一般参加者(非会員)扱いと
なりますのでご注意ください。
勤務先ふりがな  (全角ひらがな)
所属部署名・学科名  (全角)
役職   (全角)
E-mail   
 (再度入力)
TEL     (半角数字で記入してください: 例:03-1234-5678)
FAX  (半角数字で記入してください: 例:03-1234-5678)
送付先    
郵便番号    〒  (半角数字 例:106-0044)
都道府県   
市区町村     (全角:例:横浜市西区)
番地     (全角:例:中央1-5-2)
ビル・マンション名  (全角で記入してください)
お支払い方法   
<早期割引>7月31日までのお申し込みの方は、8月5日までにお手続きください。
<通常料金>8月1日以降のお申し込みの方は、9月9日までにお手続きください。
   請求書:     (銀行振込を選ばれた方は、請求書の要否にチェックをお願いします。
クレジットカードを選ばれた方には請求書の発行は致しません。
ご了承ください。)

早期割引でのお支払いの場合、お振込み及びクレジット払い共に7月31日(日)までのお申し込みとなります。
(クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますのでお手続きください。)
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
参加者区分
(複数選択可)
個人会員以外の方は、必ず区分にチェックを入れてください。チェックがない場合には、一般参加者(非会員)扱いとなりますのでご注意ください。
PMAJ法人会員社員または職員 法人会員参照
PMC/PMS/PMR 有資格者   資格認定番号   例:認○○-○-PMS○○○○
ENAA賛助会員企業の職員/後援・協賛団体の職員 ENAA賛助会員企業参照
各種受講証明書を必要とされる方は、該当するものに必ずチェックをしてください。
各種証明書に、「お申し込み時の氏名」を記載いたします。
PMシンポジウム2022終了後、配信期間中に視聴されアンケートに回答いただいた方宛に、10月末頃メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
事前にお申し込みされなかった場合には、証明書のご用意はできませんのでご了承ください。
CPU、PDU(PMI®)、実践力ポイント(ITC)に関しては、各資格をお持ちの場合のみチェックをしてください。
PMAJのPMS資格者用CPUについては、全時間出席の場合、以下のポイントが付与されます。
■ 1日目 : 12 ポイント
■ 2日目 : 12 ポイント
PMAJはPMI®のATP(Authorized Training Partner:認定トレーニング・パートナー)であり、本大会は両日共にPMP®向けのPDU発行対象となっています。
PMP®資格試験申請要件の「PM教育受講証明」も発行されます。
全時間出席の場合、以下のポイントが付与されます。
■ 1日目  : 6 PDUs
■ 2日目  : 6 PDUs
PM教育受講証明書は、PMP®資格試験受験者用でPMP®資格取得済みの方には不要です。
ITコーディネータ資格者には、協賛により、全時間出席の場合、
以下のポイントが付与されます。
■ 1日目 : 1.5 ポイント
■ 2日目 : 1.5 ポイント
希望する証明書
(複数選択可)



保有資格 ◆ 下記資格をお持ちの方はチェックをしてください。






アンケート
(複数回答可)
◆◆ 本「シンポジウム」をどこで知りましたか?
PMAJからのメール
SNS(Facebook,Twitterなど)
WEB検索
勤務先からの案内
PMAJイベント
 
知人の紹介
PMAJホームページ
 
ご要望が
ありましたら
ご記入ください。
改行なしで140文字以内で記載してください。入力の際に【 】マークは、使用しないでください。
お申し込み後、電子メールにて受付確認メールをお送り致します。受付確認メールに記載されております参加費をお振込みください。
なお、クレジットカード払いを選ばれた方につきましては、受付確認メール送付後、別メールにてクレジットカード決済のメールを送付いたしますのでお手続きください。

  ご入金確認後、開催日の3日前になりましたら、お申し込み時のメールアドレス宛に、「講演配布資料のダウンロード情報」および「接続先の情報(ログインURL)」のご案内メールをお送りいたします。
 
PMAJ個人情報保護方針 に御同意の上、申し込みをお願いいたします。