PMシンポジウム2019
お申し込みにあたり、下記のご協力をお願いいたします。
9月5日、6日ともに、セッション単位でのエントリーですので、実際にお申し込みになるセッションの「□」と「○」をチェックしてください。各セッションの移動は不可となります。
末尾にある「お申し込み者詳細フォーム」で参加者区分、ご連絡先、受講証明書等についての項目を埋め、確認ボタンを押してください。
同一時間帯への複数申し込みはできません。
両日ともお申し込み先着順に定員になり次第、締め切らせていただきますので、早めの申し込みをお薦めいたします。
「□」「○」の後にあるアルファベットは、PDU取得用PMI® Talent Triangle(3つのスキル)の略称です。
L:Leadership、S:Strategic、T:Technical
お選びいただいたセッション毎に、略称で記載されているTalent Triangle(3つのスキル) のポイント(1ポイント/1時間)が付与されます。
お申し込みいただいていないセッションにつきましては、ポイントが付与されませんので、ご注意ください。

(注意)
お申し込み後にお送りいたします【受付確認メール】により、参加セッションを必ずご確認ください。特に、証明書希望の方は各種ポイント数をご確認ください。

ご入金確認後に発行いたします【参加票】に記載されたお申し込みセッションに参加いただくことになります。

 9月5日(木)
9:30 ~ 9:45 開会・来賓挨拶   開会セレモニー
9:45 ~ 10:45
好き嫌いの復権
楠木 建
一橋大学
11:00 ~ 12:00
AI、ロボット、IoTを社会に活かす
富田 直美
hapi-robo st/ハウステンボス
9月5日午後のセッションをお申し込みされると、基調講演1・2もお申し込みされたことになります。
基調講演に参加されない方は、要望欄に「基調講演は申し込まない」旨ご記入ください。


「開会ご挨拶・基調講演」については、5階大ホールが満席の場合、小ホール、2階(スクリーンに上映)にて聴講いただけます。
 9月5日(木)
(セッション選択を解除する時は「選択解除」をクリックしてください)
  1310 ~ 1410
特別講演  [特別講演] [特別講演] [特別講演]
行動経済学とプロジェクトマネジメント
~ヒトの認知と行動のバイアスを理解し実務に活かす~
星野 崇宏
(慶應義塾大学)
画期的なイノベーションのための組織化
~ブルー・オーシャン・シフト,シリアル・イノベーターとMAINモデル~
川上 智子
(早稲田大学)
創業500年、止まった時計でいる覚悟
~時代の流れに流されない為には~
白樫 政孝
(剣菱酒造)
ICT
トラック
 T【ICT-4】
オフショア・アジャイル開発を成功に導く方法
~オフショア範囲拡大、後工程の重大問題回避、利用部門の満足度向上に向けた抜本的な対策~
黒松 秀明 (富士通)・
長谷川 健治 (富士通エフサス)
クラウド時代を支える最新ICT動向
~働き方を変革するICTの可能性~
林 雄代
(You工房)
ひとり情シスのためのRPA導入プロジェクトマネジメント
~RPAで中小企業の経営を強くする~
福田 敏博
(ジェイティ エンジニアリング)
ICTの地域活用
~ブロックチェーンなどの技術活用について~
藤井 靖史
(会津大学)
P2M
トラック
[招待講演]
A Development for KPMG and Revision of related Law for Application
KPMG : Korea Project Management Guideline
Kim, Hyung Do
(KPMA)
※ 英語で講演
新規事業の立ち上げと推進のマネジメント
~歴史・文化的な名建築をビジネスで守る事業「レガシー活用事業」の事業化~
鍵野 壮宏
(竹中工務店)
PMRが語る プログラムマネジメントの使い道
~オンでもオフでも、これさえあれば鬼に金棒~
枝窪 肇・林 健太郎・
藤澤 正則
(日本プロジェクトマネジメント協会)
次期国際宇宙探査計画立ち上げにおける異文化を束ねるコツ
佐藤 直樹
(宇宙航空研究開発機構)
エンジ・
建設・公共
トラック
オフィス移転におけるプロジェクトマネジメント
~プロジェクトマネジメントサービスの役割~
岩元 信一
(三機工業)
ポスト五輪時代に優位に立つ建設業の姿とは?
~AI、ロボットを労働力にするための「7つの戦略」~
家入 龍太
(イエイリ・ラボ)  
大学におけるプロジェクトマネジメント教育の取組み事例
~品質統合マネジメント理論の適用に基づくプロジェクトマネジメント~
江崎 和博
(世界品質戦略研究所)
設備新設・設備更新に対するアクティビティ
~バイオ燃料製造実証プラントにかける「想い」を「形」にする~
小竹  勝実
(千代田化工建設)
製造・
ヘルスケア・
農業
トラック
地域完結型の新しいビジネスモデルに挑戦
~わずか5万人の人口圏で勝負~
千田 和弘
(ルバンシュ)
宇宙用リチウムイオン電池の開発と利用
~人工衛星用リチウムイオン電池の性能向上と国外への展開~
内藤 均
(宇宙航空研究開発機構) 
創薬バイオベンチャーの経営
~カイオム・バイオサイエンスの歩み~
小林 茂
(カイオム・バイオサイエンス)
モノづくり現場における競争優位のためのシステム化の再挑戦
~ボトムアップ手法でのシステム化の重要成功要因の考察~
小島 直人
(ウェッブアイ)
金融・流通・
サービス
トラック
これからの地方創生モデル”かせぐまちづくり”
~地域社会だからできる! ”ひと”から始まるオープン・イノベーション~
渋谷 健
(フィールド・フロー)
現行踏襲再構築PJの進め方
~大規模再構築PJに於ける段階的現新比較~
山本 暢孝
(富士通)  
実践するブロックチェーンとその躍動感
~人間社会と向き合うテクノロジー~
葉山 ミキ
(DIWal (ディーアイウォール))
セブン銀行における新技術適用戦略
~ビジネスの信頼性と新たな価値の創出にむけて~
平鹿 一久
(セブン銀行)
人材育成
トラック
経営理念と人材育成とマネジメントを考える
~Panasonic 経営理念伝道師が語る~
佐藤 昌夫
(理念教育研究所)
企業文化の設計で働き方を変える
~ダイバーシティ & インクルージョンの組織開発アプローチ~
吉松 隆
(マキシマトレイル)
赤字プロジェクトを撲滅する
~「お客様」を理解し、満足させるために~
高島 徹
(決断力)
日本のIPAとグローバルのPMI®が発信するアジャイルとは
~それぞれの団体での活動を通じて伝えられること~
渡会 健
(豆蔵)
ビジネス創出
トラック
2010-2019年におけるヒット商品の分解から見るマネージメントの重要さ
~日米中の製品の根本差はマネージメントにあり~
清水 洋治
(テカナリエ)
まち・ひとをビジネスエコシステムで活性化させる!
~ヒト(アナログ)とシステム(デジタル)の融和に向けて~
木村 宜史
(日本ユニシス)
システムエンジニアリング手法とデザイン思考の融合
~地域活性化事例から~
松本 泰明
(富士通総研)
ビジネス創出に本当に必要なものは、一体何なのか
~受付嬢だった私が起業して、リリース2年で1600社で導入されたツールを作れたわけ~
橋本 真里子
(ディライテッド)
 出展企業
トラック
【EX-1-1】
ダイナミックプロジェクトに対応する
~ダイナミックプロジェクト対応するチームを育成するプロジェクトデザイン~
池 大
(グローバルプロジェクトデザイン・ジャパン)
【EX-2-1】
MOPマネジメント
~最短ルートでプロジェクトを実践できるマネジメント~
清水 計雄
(プロジェクトマネジメント情報研究所)
【EX-3-1】
オリンピックを成功に導いたプロジェクト管理手法
~PRINCE2~
飯久保 翔
(ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック)
【EX-4-1】
ゲーミフィケーションを用いたビジネス人間力養成の取り組み
岡田 久子
(日立ドキュメントソリューションズ)
【EX-1-2】
DevOpsとコンカレントエンジニアリング
~企業経営の俊敏性(Agility)への貢献にむけて~
吉岡 隆志
(プライド)
【EX-2-2】
ビジネスに沿ったプロジェクト選択の最適化
高尾 和人
(サイフォーマ)
【EX-3-2】
Panasonic 経営理念伝道師が語る「経営理念とマネジメント」
佐藤 昌夫
(パナソニックソリューションテクノロジー)
【EX-4-2】
プロジェクト進捗の定量的把握方法
~問題の早期発見、早期対処を助けるためのツール紹介~
荒川 暁
(日本インターグラフ)
18:10
 ~ 
19:30
  「プロジェクトマネジメントを肴とした語らいの場」

 9月6日(金)
(セッション選択を解除する時は「選択解除」をクリックしてください)
[特別講演] [特別講演] [特別講演]
企業のデジタル革新を支えるエンタープライズアジャイル
~基幹系レガシーシステムに対するDXの進め方~
中村 記章
(富士通)
新しい価値を生む方法論としてのForesight Creation
~「ザ・ファースト・ペンギンス」になるために~
松波 晴人
(大阪ガス)
日本に劇場街を
~歌舞伎座開発事業から~
武中 雅人
(松竹)
今日60分でマスターする、AI・ロボット・IoTの著作権と法務
福井 建策
(骨董通り法律事務所)
モノづくりのトヨタ生産方式(TPS)とLean/Agile方式
~Agile開発は日本生まれ、米国育ち~
黒岩 惠
(持続可能なモノづくり・人づくり支援協会)
SoE時代のプロジェクトマネージャ不要論にどう向き合うか
~企業のSoE開発における現実的なPMの活かし方を考える~
加藤 稔
(NTTコムウェア)
実効力のあるCSIRTの運営方法とは
~会社の『発展』と『安全』に貢献するCSIRTを目指して~
倉持 慎一郎
(富士通エフサス)
「スピード2.0」への挑戦と「KMS」「VeriSM」の推進
~経営スピードのアップに求められるシステム開発態勢~
横塚 紀博
(カブドットコム証券)
暗黙知の『見える化』・PM実践知からDX実践知へ
~『DX実践記』活動により、自ら学び、学ばせる~
吉野 均
(富士通)
大規模PJで「アジリティ(俊敏性)」を実現するためのマネジメント
~スクラム/グローバル連携~
松澤 将明・杉戸 洋介
(富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
サブスクリプションビジネスのマネジメント
~投資を最大化するための事業計画とリスク管理~
御手洗 大祐
(rakumo)
ソーシャルメディア時代の危機管理広報の重要性と対策
~リスクイベントにおけるステークホルダーマネジメント~
白井 邦芳
(ゼウス・コンサルティング)
環境分野にパラダイムシフトは起こるのか
~株式会社バイオームの事例を通して~
藤木 庄五郎
(バイオーム)
超巨大企業と協業し新たな価値を創出しているベンチャー企業で実践していること
~「クラウドネイティブな技術」の活用と「イノベーションを生み出す文化」を実現するための取り組みとは?~
安田 忠弘
(クリエーションライン)
未来に残すべきレガシーとは
~システムと人財の革新的活用方法~
奥中 康弘
(富士通エフサス)
超高齢社会ニッポンでのヘルスケアITイノベーション
~医療・介護・子育て業界におけるプラットフォーマーの課題解決事例~
山本 拓真
(カナミックネットワーク)
リーダーが育つ変革プロジェクトの作り方
~変革ブートキャンプにリーダー候補を放り込め!~
白川 克
(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ)
マネジメントに活かすコミュニケーション技術
~いかに人を動かすか~
大島 武
(東京工芸大学)
クリエイティブをふやすための技術
クリス・モンセン
(Lighthouse)
CREATE THE FUTURE
~未来社会に向けて今何をすべきか~
仁禮 彩香
(Hand-C)
デジタル化推進に向け、今できること
~「デジタル」プロジェクト経験から見えてきた次の一手~
広木 共郷
(IT VALUE EXPERTS)
失敗しないWEBマーケティング戦略
~上場企業から零細企業まで、740社以上のサポートを行い成功と失敗を繰り返し得たノウハウを提供~
中谷 佳正
(WINKS)
今、運用保守現場で起きている事
~運用保守プロジェクトの現状と品質改善について~
佃 隆
(富士通)
京町屋をゲストハウスにプロジェクト
~京町屋の街並み維持への一助~
玉田 権
(北山貿易)
デジタルトランスフォーメーション(DX)に対応したITサービスマネジメントにリ・デザインする(実践編)
~プロセス指向からエコシステム指向に進化したITIL® 4を活用したアジャイルDXアプローチ~
小渕 淳二
(JOIN)
これからの未来社会に必要な会計・財務知識をゲットしよう
~社会人三種の神器の一つとしての会計~
森 雅司
(森公認会計士事務所)
福祉現場で感じる社会的ニーズ
~社会福祉の実践を通した取組みと事例の紹介~
山口 耕樹
(やまて企業組合)
TAカードを使って楽しく人材育成
~交流分析心理学による人間力アップをめざし~
松井 直輝
(泉新学園)
見えないリスク、失敗するプロジェクト・プログラムを予測する
~業務プロセス、IT、人の力で~
今野谷 史
(ルネサスエレクトロニクス)
DX時代における日本のIT開発プロジェクトの課題と挑戦
~IT紛争事例をプロジェクトマネジメントの観点で紐解く~
永谷 裕子
(アスカプランニング)
「EQ2.0」アクティブ・ブック・ダイアローグ®読書会の報告
~次世代の読書会で「EQ2.0」を読み解く~
石川 博子
(Women’s SIG)
産学連携による大学の研究開発プロジェクト推進について
~実際のプロジェクトに実施した手法や工夫点を参考に~
石橋 伸介・福田 幸雄
(中四国P2M研究部会)
研究開発を成功に導くP2M
~グローバル市場に勝ち抜くために~
大和田 政孝
(R&D SIG)
ポートフォリオ・マネジャーとプログラム・マネジャーの役割と能力
~ポートフォリオ・マネジャーやプログラム・マネジャーはプロジェクト・マネジャーと何がどう違うのか?~
渡辺 敏之
(PM研究・研修部会)
PMBOK®ガイド 第6版概要解説
PMBOK®ガイド による体系的なプロジェクトマネジメント学習のポイント~
大槻 直彦
(PM研究・研修部会)
失敗プロジェクトを通して学んだこと
~成功は失敗のもと~
向後 忠明
(PMマイスター)
ITプロジェクトでも失敗ばかりではない
~プロブレムソルビングにはPM面とSE面がある~
葉山 博昭
(PMマイスター)
無理を承知で走り出した超高リスクプロジェクトの顛末
~難題続発でプロジェクトは暗礁に、利害の枠を越えたPMOで危機脱出!~
竹久 友二
(PMマイスター)
イノベーションをデザインする
~イノベーションを創造する人と組織~
竹林 一
(PMマイスター)
小惑星探査機「はやぶさ2」立上げは大変だった
~「プロジェクト立ち上げの裏話~
長谷川 義幸
(PMマイスター)


■ お申し込み者詳細フォーム
◆ 以下、PMAJ会員の方も事務処理の都合上、全ての項目をご記入ください。 は必須項目です。
PMAJ会員番号  PMAJ個人正会員の方は必ず会員番号(AJから始まる番号)をご記入ください。
申込年月日     (西暦:半角数字:例:2019/7/10)
氏    名     (全角)
氏名ふりがな    せいめい (全角ひらがな)
勤務先・学校名
(カタカナ・アルファベットは全角で、数字は半角で入力してください。事業所、工場名等は所属の項目へ)
PMAJ法人正会員の職員の方およびENAA賛助会員企業の職員の方は、上記欄の勤務先名を必ずご記入ください。
勤務先名の記載がない場合には、一般参加者(非会員)扱いとなりますのでご注意ください。
勤務先ふりがな  (全角ひらがな)
所属部署名・学科名  (全角)
役職   (全角)
E-mail   
 (再度入力)
TEL     (半角数字で記入してください: 例:03-1234-5678)
FAX  (半角数字で記入してください: 例:03-1234-5678)
送付先  自宅  勤務先
郵便番号    〒  (半角数字 例:106-0044)
都道府県   
市区町村     (全角:例:横浜市西区)
番   地     (全角:例:中央1-5-2)
ビル・マンション名  (全角で記入してください)
お支払い方法   
<早期割引> 7月31日までのお申し込みの方は、8月5日までにお手続きください。
<通常料金> 8月1日以降のお申し込みの方は、8月27日までにお手続きください。
   請求書:     (銀行振込を選ばれた方は、請求書の要否にチェックをお願いします。クレジットカードを
選ばれた方には請求書の発行は致しません。ご了承ください。)

8/22(木) 以降のお申し込みには、クレジットカード払いはご利用いただけません。
(事務手数料として一律540円かかります。参加費にプラスしてご請求させていただきます。
なお、クレジットカード決済につきましては、受付確認メール送付後、別メールを送付いたしますので
お手続きください。)
お支払いには以下のクレジットカードをご利用いただけます。
Visa、MasterCard、JCB、American Express  個人情報の取り扱いについて
参加者区分
(複数選択可)
個人会員以外の方は、必ず区分にチェックを入れてください。チェックがない場合には、一般参加者(非会員)扱いとなりますのでご注意ください。
ENAA賛助会員企業参照
                
各種受講証明書を必要とされる方は、該当するものに必ずチェックをしてください。
各種証明書に、「お申し込み時の氏名」を記載いたします。
PMシンポジウム2019終了後、当日ご参加いただいた方宛に、メールにて『証明書のダウンロード用URL』を送付いたしますので印刷してご利用ください。
事前にお申し込みされなかった場合には、証明書のご用意はできませんのでご了承ください。
CPU、PDU(PMI®)、実践力ポイント(ITC)に関しては、各資格をお持ちの場合のみチェックをしてください。
PMAJのPMS資格者用CPUについては、全時間出席の場合、以下のポイントが付与されます。
■ 1日目 : 12 ポイント
■ 2日目 : 10 ポイント
ENAA、PMAJはPMI®のR.E.P.であり、本大会は、1日目シンポジウム並びに2日目のセミナー共にPMP®向けのPDU発給対象となっています。
PMP®資格試験申請要件の「PM教育受講証明」も発行されます。
全時間出席の場合、以下のポイントが付与されます。
■ 1日目  : 6 PDU
■ 2日目  : 5 PDU
PM教育受講証明書は、PMP®資格試験受験者用でPMP®資格取得済みの方には不要です。
実践力ポイント(ITC)の場合に限り、ITC認定番号を記入ください。ITコーディネータ資格者には、協賛により、全時間出席の場合、以下のポイントが付与されます。
■ 1日目 : 1.5 ポイント
■ 2日目 : 1.25 ポイント
希望する証明書
(複数選択可)



保有資格 ◆ 下記資格をお持ちの方はチェックをしてください。






アンケート
(複数回答可)
◆ 本「シンポジウム」をどこで知りましたか?
google検索
SNS(Facebook,Twitterなど)
知人の紹介
Yahoo検索
PMAJからのメール
PMAJホームページ
その他検索エンジン使用
勤務先からの案内
PMAJイベント
その他
ご要望が
ありましたら
ご記入ください。
※改行なしで140文字以内で記載してください。入力の際に【 】マークは、使用しないでください。
お申し込み後、電子メールにて受付確認メールをお送り致します。受付確認メールに記載されております参加費をお振込みください。
なお、クレジットカード払いを選ばれた方につきましては、受付確認メール送付後、別メールにてクレジットカード決済のメールを送付いたしますのでお手続きください。

  参加票は弊協会のHPからダウンロードをお願いします。参加票のURLは、参加費のご入金を確認させていただいた後、8月中旬以降、電子メールにてご連絡いたします。

当日、参加票をお忘れになられた場合には、入場をお断りする場合がありますのでご注意ください。
 
PMAJ個人情報保護方針 に御同意の上、申し込みをお願いいたします。